ハーブと野菜を使ったセンスのいい寄せ植え11選|組み合わせと作り方のポイント

アバター画像

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

ハーブと野菜を使ったセンスのいい寄せ植えをご紹介!ハーブと野菜の寄せ植えが庭やベランダにあると、こまめに収穫して料理に使えてとても便利です。園芸家の先生に教わった寄せ植えや、寄せ植えにおすすめのハーブと野菜、センス良く作るポイント、苗の組み合わせや管理のコツについてもお話しします。

目次

ハーブと野菜の定義

ハーブとは、花や葉、茎、根、種などが料理の香り付けや、保存料、薬、香料、防虫などに活用できる植物のことです。

 

夏野菜の色 夏野菜の魅力は何と言ってもその色です。夏の太陽をいっぱいに浴びて生長した夏野菜たちは、どれも色鮮やか。見ているだけで食欲をそそります。 夏野菜の味 夏野菜は水分を多く含んでいるものが多く、瑞々しいのが特徴です。また、夏の強い陽射しを浴びて光合成をしっかり行っているので、糖度が高く味が濃いのも特徴です。さらに、生で食べられる種類が多いのも夏野菜の魅力です。 夏野菜の栄養 色鮮やかな夏野菜は、カロテンやビタミン類がたくさん含まれています。カリウムなどのミネラルも豊富です。夏バテ予防に良いと言われているもの納得です。

一方、野菜は、花や葉、茎、根、果実などを食用にする草本植物のことをいいます。

 

目次に戻る≫

寄せ植えにおすすめのハーブと野菜

寄せ植えにおすすめのハーブ

ハーブ 寄せ植え

料理に使いやすいハーブ

少しずつ収穫して料理に使いやすいハーブはたくさんあります。バジル、パセリ、ローズマリー、タイム、シソ、チャービル、チャイブ、パクチーなどがおすすめです。

ミント類も料理に使いやすいですが、丈夫すぎて地下茎でどんどん増えるため、鉢に植えた状態で寄せ植えに使うと広がりにくいのでおすすめです。

花が可愛いハーブ

可愛い花が咲くハーブといえば、ラベンダー、カモミール、ナスタチウム、エキナセア、ゼラニウム、カレンデュラ、マロウ、ボリジなどがあります。

寄せ植えにおすすめの野菜

夏野菜 植え付け 土 畑 仮支柱 麻紐

寄せ植えに使いやすい野菜

ミニトマト、ピーマン、ナス、シシトウ、トウガラシ、イチゴなどが比較的育てやすくておすすめです。強風で倒れることがあるので、寄せ植えに支柱を立てましょう。ズッキーニは茎葉がとても大きく育ち、カボチャ、スイカなどはぐんぐんとつるが伸びるため寄せ植えに使うには難しい野菜です。

カラーリーフが美しい野菜

茎葉の色がカラフルなスイスチャード、リーフレタスなどを使うと、寄せ植えの美しいアクセントになります。

 

目次に戻る≫

ハーブと野菜を使ったセンスのいい寄せ植えを作るポイント

母の日 ハーブ プレゼント 贈り物

テーマを合わせて植える

「ハーブティーに使う」「肉料理に使う」「サラダに使う」というふうに、それぞれのテーマを決めて寄せ植えを作るのも楽しくておすすめです。

どんな土を使う?

ハーブと野菜の寄せ植えは、市販のハーブ用または野菜用の土を使うと手軽に植えられます。古い土をそのまま使うと、肥料分やミネラルが抜けていたり、水はけが悪かったり、病原菌や虫などが入っていることがあるのであまりおすすめしません。土を再利用する場合は、古い根や虫などを取り除き、日光消毒を行って、石灰や腐葉土、肥料などを混ぜ込む作業が必要です。

苗の選び方

ハーブと野菜を寄せ植えする際、その植物が好む環境(日当たり、水、肥料などの具合)がなるべく似ているものを選ぶことが大切です。そうすることで、置く場所も水やりや肥料を与えるタイミングも、迷いなく決めることができます。乾燥気味を好むタイプと、水を好むタイプをどうしても一緒に植えたいときは、水を好む植物の株元にだけ水やりをするなど少し工夫が必要です。

収穫も見た目も楽しむ

寄せ植えは、プランターの中にある限られた土から養分を吸収するため、地植えに比べるとどうしても生長はコンパクトで収穫量も少なくなります。寄せ植えの利点は、小さなスペースでも景色を作れたり、数種類の収穫を楽しめること。こまめに剪定を兼ねて収穫すると、風通し良く見た目も美しく管理できます。

無農薬栽培について

ハーブなどを食用として用いる際は、できるだけ無農薬栽培の苗を使うと安心です。また、ハーブは種類によっては妊娠中、授乳中、乳幼児、持病などのある方は使用に注意が必要な場合があります。主治医に相談してから使用しましょう。

 

目次に戻る≫

ハーブと野菜を使ったセンスのいい寄せ植え11選

小さなポタジェガーデン

春の寄せ植え 使いたい草花 春に咲く花 寄せ植えの作り方 管理方法 育て方 ハーブ

木製プランターに、ハーブと野菜(いちご)を寄せ植えしました。花も可愛くて、こまめに収穫して料理の飾りや味のアクセントに使えて便利です。

寄せ植えに使っている植物

ベランダキッチンガーデン

ラベンダー 寄せ植え 組み合わせ

イングリッシュラベンダーをメインに、数種類のハーブを合わせました。銅葉色のバジルをアクセントに使ったり、シルバーグリーンやライム色の葉をセレクトするなど工夫しています。

寄せ植えに使っている植物

野菜とマリーゴールドの寄せ植え

野菜とハーブの寄せ植え

2種類のマリーゴールドとミニトマト、サニーレタスなどを寄せ植えしています。マリーゴールドは様々な植物と相性が良く、マリーゴールドを植えておくと植物の根を侵すセンチュウ被害を防げると言われています。軽量のおしゃれなコンテナを使っているので、見た目も上品で使い勝手がとても良いです。

寄せ植えに使っている草花

色鮮やかなハーブコンテナ

ナスタチウムの寄せ植え

花の寄せ植えレッスン!ハーブの寄せ植えの作り方

横長のワイヤーコンテナに緑色のココヤシマットを敷いて寄せ植えしています。大ぶりの花やカラフルな葉を使って、観賞も収穫も楽しめる仕上がりになっています。

寄せ植えに使っている草花

カラフルリーフのコンテナ

リーフレタスコンテナ

【おうちで一人一花】 『あなたのおうち園芸教えてください』ホームセンターグッデイ國分豊さん

写真は種から栽培したコンテナですが、ミックスレタスの苗や、様々な種類のレタス苗を使って寄せ植えすると、似た雰囲気のカラフルリーフのコンテナができます。外側の葉から収穫していくと、長い期間楽しめておすすめです。

寄せ植えに使っている草花

ハーブと野菜のハンギングバスケット

リーフレタス ハンギングバスケット

ホームセンターグッデイ國分豊さんのハンギングバスケットです。

ハーブティー向けのハーブ苗4種に、チコリ、レタス、パセリを合わせてハンギングバスケットに植えています。ハンギングバスケットは、目線の高い位置で楽しめたり、移動が簡単だったり、風通し良く育てることができるという利点があります。

寄せ植えに使っている草花

  • ベルガモット
  • モヒートミント
  • ラベンダーミント
  • メキシカンスィートハーブ・シトリオードラ
  • ワイルドチコリ
  • レタスミックス
  • パセリ

肉料理に大活躍!ハーブの寄せ植え

ハーブの寄せ植え 杉井志織

「園芸家」杉井志織さん/花や植物で暮らしを楽しく♪

園芸家の杉井志織さんが実際に愛用されている、ハーブの寄せ植えを見せていただきました。肉料理に使うハーブを集めた肉料理セット。ハーブの使い方も教わりました♪

寄せ植えに使っている草花

香りを楽しむハーブの寄せ植え

ハーブの寄せ植え

【おうちで一人一花】『癒しの香りの花寄せ植え』をオニヅカ井上盛博さんに習う

癒しの良い香りがするハーブ3種類と、ユニークなカレーの香りがするカレープラントを使って寄せ植えを作りました。オレガノ・ケントビューティーは観賞用のオレガノです。

寄せ植えに使っている草花

初夏の香りを運ぶ寄せ植え

ラベンダー 寄せ植え 組み合わせ

花の寄せ植えレッスン | 初夏をはこぶフレンチラベンダーの寄せ植え

フレンチラベンダーに、ヘリオトロープなどの良い香りがする草花を合わせて寄せ植えを作りました。作っているときも良い香りに包まれて幸せな気分になれます。

寄せ植えに使っている草花

オール多年草で長く楽しめる寄せ植え

ラベンダー 寄せ植え 組み合わせ

レースラベンダーとフレンチラベンダーに、多年草の草花を合わせた観賞用の寄せ植えです。レースラベンダーの細い茎と枝垂れるハツユキカズラ、細くてくるんとしたミスキャンタスの葉が、しなやかに流れる美しいアクセントになっています。すべて多年草を使っているので、上手に管理すると長く楽しめます。

寄せ植えに使っている植物

ベンチプランターを使った寄せ植え

ラベンダー 寄せ植え 組み合わせ

黒田園芸さん特製の木製ベンチプランターに、レースラベンダーと白&ブルーの花を合わせ、ライムとシルバー色のカラーリーフをちりばめました。苗を12ポット使ったダイナミックな寄せ植えです。カラミンサは、ミントに似た清々しい香りがします。主に観賞用の寄せ植えです。

寄せ植えに使っている植物

 

目次に戻る≫

ハーブと野菜を使って寄せ植えを作ろう♪

ハーブ 野菜 寄せ植え

今回はハーブと野菜を使った寄せ植えを11種類ご紹介しました。ハーブは水やりするときにふれるだけで良い香りに包まれて気分がいいですよね。少しあれば料理の飾りや香り付けに使えるハーブや、ちょっとした野菜をさっと収穫して使えたらとても便利で日々の暮らしが楽しくなります。ぜひ、ハーブと野菜の寄せ植えを作ってみてくださいね。

 

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ハーブと野菜を使ったセンスのいい寄せ植え11選|組み合わせと作り方のポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧