ガーデニングに取り入れよう!花がきれいなハーブ30選

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

8.アルケミラモリス

アルケミラモリスはバラ科の常緑多年草のハーブ。別名「レディースマントル(聖母マリアのマント)」とも呼ばれるアルケミラモリスは、小さな星の形をした花が初夏に開花します。黄緑色の花や葉は隣の草花を明るく引き立ててくれる役割をしてくれるので、切り花としての流通もあります。

アルケミラモリスは、バラ科の常緑多年草のハーブ。別名「レディースマントル(聖母マリアのマント)」とも呼ばれるアルケミラモリスは、小さな星の形をした花が初夏に開花します。黄緑色の花や葉は隣の草花を明るく引き立ててくれる役割をしてくれるので、切り花としての流通もあります。

 

9.オレガノ

スパイスなどにもよく使われるオレガノはシソ科の多年草のハーブ。7月~8月にピンクの花が開花します。オレガノは、つぼみの色は左の写真のようなえんじ色のような色をしていますが、開花すると淡いピンクになります。花は切り花やドライフラワーにもなります。草丈30~60cm以上になるので、花壇などの地植え向きのハーブです。  この他にも最近「花オレガノ」という名前で、園芸用に作られたオレガノが多数流通しています。(代表的なものとしては、オレガノ・ケントビューティー)

スパイスなどにもよく使われるオレガノは、シソ科の多年草のハーブ。7月~8月にピンクの花が開花します。オレガノは、つぼみの色は左の写真のようなえんじ色のような色をしていますが、開花すると淡いピンクになります。花は切り花やドライフラワーにもなります。草丈30~60cm以上になるので、庭植え向きのハーブです。

この他にも最近「花オレガノ」という名前で、園芸用に作られたオレガノが多数流通しています。(代表的なものとしては、オレガノ・ケントビューティー)

 

10.アーティチョーク

アーティチョークは、キク科の多年草のハーブ。欧米では野菜として食べられています。日本では野菜としての出回りは少ないですが、ここ数年、花市場には生花として入ってくるようになりました。出回り量は少ないですが、独特なフォルムが素敵で、インテリアショップのディスプレイなどにも使われています。最近は多肉植物をはじめ、形のユニークな花材が人気です。  アーティチョークはガーデニングの素材として苗ものとしても出回っています。品種によっても様々ですが、生長すると草丈が1m以上になるのと、花のサイズがとても大きいので広い空間に植えると印象的なフォーカルポイントになります。アーティチョークは雪が降るような地域以外なら越冬可能な多年草です。

アーティチョークは、キク科の多年草のハーブ。欧米では野菜として食べられています。日本では野菜としての出回りは少ないですが、ここ数年、花市場には生花として入ってくるようになりました。出回り量は少ないですが、独特なフォルムが素敵で、インテリアショップのディスプレイなどにも使われています。最近は多肉植物をはじめ、形のユニークな花材が人気です。

アーティチョークはガーデニングの素材として苗ものとしても出回っています。品種によっても様々ですが、生長すると草丈が1m以上になるのと、花のサイズがとても大きいので広い空間に植えると印象的なフォーカルポイントになります。アーティチョークは雪が降るような地域以外なら越冬可能な多年草です。

 

11.モナルダ

モナルダは開花期間の長いシソ科の宿根草のハーブ。和名が「タイマツバナ」と言われるのは、もともとの種が赤い花でタイマツのような形に見えることからきています。最近は品種改良が進み、赤の他、白、ピンク、パープル(紫)などたくさんの品種があります。  暑さ寒さに強く花丈も高い宿根草なので、夏の花壇の後方に植栽すると見事です。性質が強く、植えっぱなしでどんどん大株になります。地下茎で増えるので根付いて数年すると、元の株から違うところから出てくることも。

モナルダは開花期間の長いシソ科の宿根草のハーブ。和名が「タイマツバナ」と言われるのは、もともとの種が赤い花でタイマツのような形に見えることからきています。最近は品種改良が進み、赤の他、白、ピンク、パープル(紫)などたくさんの品種があります。

暑さ寒さに強く花丈も高い宿根草なので、夏の花壇の後方に植栽すると見事です。性質が強く、植えっぱなしでどんどん大株になります。地下茎で増えるので根付いて数年すると、元の株から違うところから出てくることも。

 

12.セントランサス

セントランサスは、別名レッドバレリアン、ホワイトバレリアンと呼ばれる宿根草のハーブです。赤や白の花が春から秋まで長期間、開花します。草丈があるので花壇向きのハーブです。

セントランサスは、別名レッドバレリアン、ホワイトバレリアンと呼ばれる宿根草のハーブです。赤や白の花が春から秋まで長期間、開花します。草丈があるので庭植え向きのハーブです。

 

13.キャットミント

キャットミント(ネペタ)は、シソ科の宿根草で鑑賞用のハーブ。初夏から秋まで開花期間がとても長い草花です。色は淡い紫系、ピンク、白があります。横に広がって生長するのでグランドカバーとしても利用できます。

キャットミント(ネペタ)は、シソ科の宿根草で鑑賞用のハーブ。初夏から秋まで開花期間がとても長い草花です。色は淡い紫系、ピンク、白があります。横に広がって生長するのでグランドカバーとしても利用できます。

 

14.チェリーセージ

チェリーセージは初夏から秋まで長く咲く多年草のハーブ。  チェリーセージは複数の品種の総称です。セージ、サルビア類はブルー・紫系の花が多いですが、チェリーセージの特徴は豊富な花色。毎年新しい色の新品種が登場する草花です。

チェリーセージは、初夏から秋まで長く咲く多年草のハーブ。

チェリーセージは複数の品種の総称です。セージ、サルビア類はブルー・紫系の花が多いですが、チェリーセージの特徴は豊富な花色。毎年新しい色の新品種が登場する草花です。

 

チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ)・ホット・リップス  このホットリップスの赤と白の割合は、気温によって変化します。気温が低い春は白の割合が多く、高くなってくると赤の割合が多くなってくるおもしろい品種です。

チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ)・ホット・リップス

このホットリップスの赤と白の割合は、気温によって変化します。気温が低い春は白の割合が多く、高くなってくると赤の割合が多くなってくるおもしろい品種です。

目次に戻る≫

 

\まだまだ続きます!/

続きを読む

Pages: 1 2 3 4
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ガーデニングに取り入れよう!花がきれいなハーブ30選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ