ガーデニングに取り入れよう!花がきれいなハーブ30選

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

15.ヤロウ(アキレア、ノコギリソウ)

葉っぱがノコギリの歯のようにギザギザしていることから、別名ノコギリソウとも呼ばれるヤロウ。ヤロウはたくさんの園芸種があります。花の色もとても豊富で、写真のようなパステルトーンのものから、ビビッドカラーまであるので、庭の雰囲気に合わせて色を選ぶ楽しみがあります。草丈があるものが多いので庭植え向きです。

葉っぱがノコギリの歯のようにギザギザしていることから、別名ノコギリソウとも呼ばれるヤロウ。ヤロウはたくさんの園芸種があります。花の色もとても豊富で、写真のようなパステルトーンのものからビビッドカラーまであるので、庭の雰囲気に合わせて色を選ぶ楽しみがあります。草丈があるものが多いので庭植え向きです。

 

16.チコリ

チコリはキク科のハーブ。初夏から夏の間、とても美しい透明感のある淡いブルーの花を咲かせます。この花の特徴は、お昼ぐらいまでで花が閉じてしまうこと。草丈1m~1.5mくらいには生長し、枝のあちこちに毎朝開花します。  最近、カラーリーフやサラダ用ハーブとして「リーフチコリ」が苗もので流通するようになりましたが、リーフチコリもそのまま生長させると、写真のようなブルーの花が開花します。

チコリは、キク科のハーブ。初夏から夏の間、とても美しい透明感のある淡いブルーの花を咲かせます。この花の特徴は、お昼ぐらいまでで花が閉じてしまうこと。草丈1m~1.5mくらいには生長し、枝のあちこちに毎朝開花します。

最近、カラーリーフやサラダ用ハーブとして「リーフチコリ」が苗もので流通するようになりましたが、リーフチコリもそのまま生長させると、写真のようなブルーの花が開花します。

 

17.アルカネット

アルカネットはムラサキ科の多年草で初夏から夏の間、とてもきれいな深いブルーの花が開花します。草丈が50~100cmくらいにはなるので、花壇向きの草花です。

アルカネットはムラサキ科の多年草で、初夏から夏の間、とてもきれいな深いブルーの花が開花します。草丈が50~100cmくらいにはなるので、庭植え向きの草花です。

 

18.ハニーサックル(スイカズラ)

ハニーサックルは、初夏が開花時期の花の美しいツル性のハーブです。もともとのオリジナルの花の色は白ですが、最近はたくさんの園芸種が出来て、魅力的な花色の品種がたくさんあります。つぼみの色から花が開花すると色が変化するものが多く、そんな庭の彩の変化を眺めるのも楽しみのひとつです。つる性でとても生長力が強いので庭植え向き。フェンスやトレリスに這わせると見事です。

ハニーサックルは、初夏が開花時期の花の美しいツル性のハーブです。もともとのオリジナルの花の色は白ですが、最近はたくさんの園芸種が出来て、魅力的な花色の品種がたくさんあります。つぼみの色から花が開花すると色が変化するものが多く、そんな庭の彩の変化を眺めるのも楽しみのひとつです。つる性でとても生長力が強いので庭植え向き。フェンスやトレリスに這わせると見事です。

 

19.ハーブゼラニウム

ハーブゼラニウムは、とても品種が豊富なハーブのひとつです。それぞれ、香りや花の色などが違うので、好きなものを目で見て鼻で確認して選びましょう。  ハーブゼラニウムの開花時期は初夏。丈夫で育て方がとても簡単です。最近では葉もの素材として花屋さんで切り花としても出回っています。

ハーブゼラニウムは、とても品種が豊富なハーブのひとつです。それぞれ、香りや花の色などが違うので、好きなものを目で見て鼻で確認して選びましょう。

ハーブゼラニウムの開花時期は初夏。丈夫で育て方がとても簡単です。最近では葉もの素材として花屋さんで切り花としても出回っています。

 

20.ラムズイヤー

ラムズイヤーの名前の通り、羊の耳のようなユニークな形をした花が初夏に開花します。環境にあうと、写真のようにどんどん広がってグランドカバーのような使い方もできます。

ラムズイヤーの名前の通り、羊の耳のようなユニークな形をした花が初夏に開花します。環境にあうと、写真のようにどんどん広がってグランドカバーのような使い方もできます。

 

モフモフな葉の肌触りも人気のひとつ。花をはじめとして、葉もドライフラワーにもなります。

モフモフな葉の肌触りも人気のひとつ。花をはじめとして、葉もドライフラワーにもなります。

 

21.ローズマリー

モフモフな葉の肌触りも人気のひとつ。花をはじめとして、葉もドライフラワーにもなります。

人気のハーブ、ローズマリー。開花期間がとても長いハーブです。最近は品種が豊富になり、花の色も紫系濃淡、ピンク、白など様々。葉も斑入りのものもあります。

 

品種選びでひとつ知っておくとよいことは、ローズマリーの生長のタイプは「立性(左)」と「這性(右)」の2つに分かれることです。どちらが自分の用途に合うかで品種選びをしましょう。

品種選びでひとつ知っておくとよいことは、ローズマリーの生長のタイプは「立性(左)」と「這性(右)」の2つに分かれることです。どちらが自分の用途に合うかで品種選びをしましょう。

目次に戻る≫

 

\まだまだ続きます!/

続きを読む

Pages: 1 2 3 4
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ガーデニングに取り入れよう!花がきれいなハーブ30選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ