ガーデニングに取り入れよう!花がきれいなハーブ30選

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

22.ヒソップ

ヒソップは別名ヤナギハッカの名前を持つ、ミントに似た香りがするシソ科のハーブ。花の色は、紫、ピンク、白があり、6月頃から秋までの長期間花が開花します。暑さ、寒さにも強く、一度植えたら毎年花を楽しめる宿根草です。

ヒソップは、ヤナギハッカの名前を持つミントに似た香りがするシソ科のハーブ。花の色は、紫、ピンク、白があり、6月頃から秋までの長期間花が開花します。暑さ、寒さにも強く、一度植えたら毎年花を楽しめる宿根草です。

 

23.チャイブ

チャイブはネギの仲間のハーブ。5月~7月に写真のようなボール状の花がたくさん開花します。草丈が低いので鉢植えでも地植えでも育てることができます。

チャイブは、ネギの仲間のハーブ。5月~7月に写真のようなボール状の花がたくさん開花します。草丈が低いので鉢植えでも地植えでも育てることができます。

 

24.エキナセア

エキナセアは夏から秋に開花するキク科のハーブ。花の中心はイガグリのようなとげとげした形をしていて、咲き進むとイガグリが丸く膨らんで、その周りの花びらがそっくり返ってくる面白い開花の過程を楽しめる宿根草です。花の中心のイガグリのような部分はドライフラワーにもできます。

エキナセアは、夏から秋に開花するキク科のハーブ。花の中心はイガグリのようなとげとげした形をしていて、咲き進むとイガグリが丸く膨らんで、その周りの花びらがそっくり返ってくる面白い開花の過程を楽しめる宿根草です。花の中心のイガグリのような部分はドライフラワーにもできます。

 

近年、園芸種のエキナセアの品種の育成が進み、草丈が低くコンパクトな品種や花色や花形のバラエティに富んだカラフルな品種が出回るようになりました。

近年、園芸種のエキナセアの品種の育成が進み、草丈が低くコンパクトな品種や花色や花形のバラエティに富んだカラフルな品種が出回るようになりました。

 

25.ペインテッドセージ

ペインテッドセージはシソ科の一年草のハーブ。初夏にミントに似た葉っぱの葉先がピンク、紫、白などに色づくおもしろい草花です。別名、サルビア・ホルミナムとも呼ばれています。

ペインテッドセージは、シソ科の一年草のハーブ。初夏にミントに似た葉っぱの葉先がピンク、紫、白などに色づくおもしろい草花です。別名、サルビア・ホルミナムとも呼ばれています。

 

色は、白、紫、ピンクの3色があります。カラーリーフのような使い方ができます。

色は白、紫、ピンクの3色があります。カラーリーフのような使い方ができます。

 

26.レッドキャンピオン

レッドキャンピオンは、ナデシコ科の宿根草のハーブ。草丈50~60cmで、春から初夏にたくさんの花が開花し、切り花にもできます。暑さ、寒さに強く、環境に合えば、こぼれ種が発芽して増えていきます。花の形と色には個体差があります。白花のホワイトキャンピオンもあります。

レッドキャンピオンは、ナデシコ科の宿根草のハーブ。草丈50~60cmで、春から初夏にたくさんの花が開花し、切り花にもできます。暑さ、寒さに強く、環境に合えば、こぼれ種が発芽して増えていきます。花の形と色には個体差があります。白花のホワイトキャンピオンもあります。

 

27.タイム

園芸用の花苗としても流通しているタイム。最近はたくさんの品種が流通し、品種によって花色が違います。春に地面一面にびっしりとかわいい花が開花します。  タイムの生長のタイプは「立性」と「這性」の2つに分かれます。どちらが自分の用途に合うかで品種選びをしましょう。

園芸用の花苗としても流通しているタイム。最近はたくさんの品種が流通し、品種によって花色が違います。春に地面一面にびっしりとかわいい花が開花します。

タイムの生長のタイプは「立性」と「這性」の2つに分かれます。どちらが自分の用途に合うかで品種選びをしましょう。

 

28.バジル

食用としてバジルを育てる場合は花を咲かせない方がよいですが、園芸素材として使うなら自由に花を咲かせてみては?バジルの花は穂状のかわいい花が夏に開花します。バジルの花の色は品種によって違います。一番流通量の多いスイートバジルの花は白です。

食用としてバジルを育てる場合は花を咲かせない方がよいのですが、園芸素材として使うなら自由に花を咲かせてみては?

バジルの花は穂状のかわいい花が夏に開花します。バジルの花の色は品種によって違います。一番流通量の多いスイートバジルの花は白です。

 

公園に植栽されていたダークカラーのバジルがとても素敵でした。

公園に植栽されていたダークカラーのバジルがとても素敵でした。カラーリーフとしてハーブを使ってみるのもおもしろいですね。

 

29.アガスターシェ、アニスヒソップ

ハーブのアニスヒソップの園芸種、アガスターシェはシソ科の宿根草。初夏から晩秋まで長くたくさんの花が咲きます。品種によって花丈は違いますが、矮性から高性まで品種によって花丈は様々です。紫系、赤系、オレンジ系、黄色系など色幅も豊富なので、夏の花壇や寄せ植えにおすすめです。葉っぱをこすると、清涼感のあるすっきりとした香りがします。

ハーブのアニスヒソップの園芸種、アガスターシェはシソ科の宿根草。初夏から晩秋まで長くたくさんの花が咲きます。品種によって花丈は違いますが、矮性から高性まで品種によって花丈は様々です。紫系、赤系、オレンジ系、黄色系など色幅も豊富なので、夏の花壇や寄せ植えにおすすめです。葉っぱをこすると、清涼感のあるすっきりとした香りがします。

 

30.マロウ

マロウはアオイ科の宿根草です。マロウの花はハーブティーにして飲むことができます。マロウティーは鮮やかな青色が特徴的。さらにレモンを入れるとピンクに変化することから、とても人気のあるハーブティーのひとつです。マロウはたくさんの種類があり、中には園芸メインの品種もあります。もしお茶用に使用するなら購入時に確認すると安心です。花をお茶などに利用する場合は、開花した日に摘み取ります。

マロウはアオイ科の宿根草です。マロウの花はハーブティーにして飲むことができます。マロウティーは鮮やかな青色が特徴的。さらにレモンを入れるとピンクに変化することから、とても人気のあるハーブティーのひとつです。マロウはたくさんの種類があり、中には園芸メインの品種もあります。もしお茶用に使用するなら購入時に確認すると安心です。花をお茶などに利用する場合は、開花した日に摘み取ります。

 

いかがでしたか?

主役から脇役まで・・・庭や花壇、寄せ植えにハーブの花を取り入れてみませんか?

目次に戻る≫

▼関連記事

Pages: 1 2 3 4
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ガーデニングに取り入れよう!花がきれいなハーブ30選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】ベゴニア 原種 マクラータワイティ

販売価格:5,280円(税込)

【送料無料】底面給水機能付き フィカス・ベンガレンシス6号鉢

販売価格:8,800円(税込)

ベーシックエプロン VOIRY STORE

販売価格:4,950円(税込)

SPECIAL

おすすめ