挿し木(挿し芽)とは?挿し木で増やす方法と発根させるポイント

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

235115views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

植物を育てていると「挿し木」や「挿し芽」という言葉を耳にすること、ありますよね。でも、いつ、どうやってやればいいのか分からなかったり、そんな方も少なくないと思います。そこで今回は挿し木(挿し芽)の方法とちょっとしたコツをご紹介します!

 

目次

挿し木(挿し芽)とは

基本の挿し木方法

挿し木ができる植物

挿し木Q and A

 

挿し木(挿し芽)とは?

挿し木(挿し芽)は株の一部を切りとり、発根させて増やす方法のことを指します。ハーブや観葉植物、多肉植物、種からでは増やしにくい草花(球根は除く)などに用いることができます。株から切り取る部分により、「茎挿し」「茎伏せ」「根伏せ」と分かれます。

目次に戻る≫

基本の挿し木方法

1.挿し木にする部分をカットします。

成長している新しい茎を選んでカットします。伸びて込み合っている部分を間引いたものを使用してもよいです。

成長している新しい茎を選んでカットします。伸びて込み合っている部分を間引いたものを使用してもよいです。

2.カットした部分を整えて「挿し穂」に

挿し木に使うものを「挿し穂(さしほ)」とい言います。挿し木用にカットしたものを整えます。下に葉がついている場合は先端に3枚くらい残して取ります。種類によって、長いものは15~20cmくらいに切り分けましょう。

3.数時間、水につけて土に挿します

挿し穂を1、2時間くらい水につけます。  その後、清潔な土に挿しましょう。枝が柔らかい種類などは折れないように土に割りばしなどで穴を開けてから挿すと挿しやすいです。

挿し穂を1、2時間くらい水につけます。

その後、清潔な土に挿しましょう。枝が柔らかい種類などは折れないように土に割りばしなどで穴を開けてから挿すと挿しやすいです。

4.お水を与えて半日陰で管理

土に挿したらお水をたっぷり与えましょう。風通しのよい明るい日陰に置いて管理します。土の表面が乾燥してきたらお水を与えるなどして乾燥には気をつけましょう。種類、季節によって異なりますが、約1カ月くらいで発根します。

土に挿したらお水をたっぷり与えましょう。風通しのよい明るい日陰に置いて管理します。土の表面が乾燥してきたらお水を与えるなどして乾燥には気をつけましょう。種類、季節によって異なりますが、約1カ月くらいで発根します。

※挿したあとすぐにお水を与えないほうがよい種類もあります。

多肉植物、サボテンなど

目次に戻る≫

挿し木ができる植物

モンステラ

モンステラはサトイモ科の常緑性樹木で、熱帯アメリカ原産の観葉植物の一種です。耐陰性(日光不足に強い性質)があるため室内での栽培にも適しています。  大きな葉に切れ込みが入る姿は非常に人気があり、小型のヒメモンステラなど様々な品種があります。

モンステラはサトイモ科の常緑性樹木で、熱帯アメリカ原産の観葉植物の一種です。耐陰性(日光不足に強い性質)があるため室内での栽培にも適しています。

大きな葉に切れ込みが入る姿は非常に人気があり、小型のヒメモンステラなど様々な品種があります。

モンステラ

  • 大人気の観葉植物モンステラ。こんな風に生えている自生地へ行ってみたいと思うほど、迫力がありますね。

    モンステラは熱帯アメリカに生息するつる性(または半つる性)の植物で、20~40種類あると言われています。葉は成長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になります。

    乾燥には比較的強く、明るい室内でたまに水やりをするだけで、綺麗に育ちますので、モンステラは総じて観葉植物としては育てやすい品種の一つです。

    日光が入らない部屋でも、たくましく育ってくれる植物は良いですよね!

    モンステラは葉の縁に水孔(すいこう)と呼ばれる排水器官があり、朝方モンステラを見てみると葉の縁に水滴が付いていることがあると思います。

    全ての植物に水孔がついている訳ではないので、初めはビックリしてしまうかもしれませんが、モンステラの状態が悪くなっている訳では無くむしろ健康な証拠なので気にしなくて大丈夫です!

 

シェフレラ

熱帯アジア・オセアニアに、およそ150種が存在する常緑性の低木で、その中でも「シェフレラ・アルボリコーラ」という品種が、日本でも定番の観葉植物として親しまれている「シェフレラ(カポック)」です。

熱帯アジア・オセアニアに、およそ150種が存在する常緑性の低木で、その中でも「シェフレラ・アルボリコーラ」という品種が、日本でも定番の観葉植物として親しまれている「シェフレラ(カポック)」です。

カポック(シェフレラ)

  • カポックは世界の温帯~亜熱帯に分布している観葉植物で、シェフレラとも呼ばれており、約600種もあるそうです。

    カポックは非常に強健で、霜が降りず、最低気温0℃以上の地域ならば、秋のうちから寒さに馴らしておけば屋外で越冬することも可能です。

    カポックでよく流通しているのはホンコンという品種で、斑入りのホンコン・ハッピーイエローというのも園芸店やインテリアショップなどで流通しています。

    性質は強健で、初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

 

クワイズイモ

クワズイモの魅力を一言で表現するなら、「スタイリッシュで冬に強い」。サトイモ科の仲間ですが、土の中に塊状のイモを作るのではなく、棒状の根茎が地下から地上に伸びる性質を持っています。この棒状の根茎のデザインがおしゃれです。

クワズイモの魅力を一言で表現するなら、「スタイリッシュで冬に強い」。サトイモ科の仲間ですが、土の中に塊状のイモを作るのではなく、棒状の根茎が地下から地上に伸びる性質を持っています。この棒状の根茎のデザインがおしゃれです。

クワズイモ

  • クワズイモの魅力を一言で表現するなら、「スタイリッシュで冬に強い」。サトイモ科の仲間ですが、土の中に塊状のイモを作るのではなく、棒状の根茎が地下から地上に伸びる性質を持っています。この棒状の根茎のデザインがおしゃれです。また、大きな葉っぱ(最大で60センチぐらい)も明るいグリーンで、ちょっとしたパラソルのようです。おしゃれな観葉植物として人気なのは、このデザイン性の高さもあると言っていいでしょう。冬に強いというのも大きなメリットです。観葉植物は熱帯地方原産のものが多く、そのため、日本で育てる場合「冬越し」がポイントになりますが、クワズイモは冬越しが大変に楽です。

 

オリーブ

オリーブはモクセイ科オリーブ属の常緑高木。原産地は地中海地方や、中近東などです。庭のシンボルツリーとしても、鉢植えとしてベランダで育てることもできるためも人気が高いです。  品種名は「ルッカ」、「ネバディロ・ブランコ」、「アスコラノ」、「ミッション」などなど。オリーブに果実をつけさせるためには必ず二種類以上の品種を植えなければなりません。

オリーブはモクセイ科オリーブ属の常緑高木。原産地は地中海地方や、中近東などです。庭のシンボルツリーとしても、鉢植えとしてベランダで育てることもできるためも人気が高いです。

品種名は「ルッカ」、「ネバディロ・ブランコ」、「アスコラノ」、「ミッション」などなど。オリーブに果実をつけさせるためには必ず二種類以上の品種を植えなければなりません。

オリーブ

  • オリーブオイルやオリーブのピクルスなど、家庭の食卓でも日常的に利用するようになっているオリーブですが、植物としてのオリーブの魅力は何といっても樹形と葉の形です。「平和の象徴」としてハトが葉を口にくわえているデザインはラッキーモチーフなどで見たことがあるかもしれませんが、あの葉はオリーブなのです。オリーブグリーンと言われる色もありますが、ほかの植物にはなかなかないような葉色や、スモーキーで乾いた感じの枝や幹の色など、様々な魅力があります。

    「平和のシンボル」とされるのは「旧約聖書」のノアの箱舟のエピソードに由来します。ハトがくわえてきたオリーブの枝を見て、ノアは洪水が引いたことを知ったのです。

 

ガジュマル

ガジュマルは、クワ科の常緑性樹木で、観葉植物の一種です。沖縄では火の精霊「キジムナー」が棲む樹とも言われ、日光を好みます。

ガジュマルは、クワ科の常緑性樹木で、観葉植物の一種です。沖縄では火の精霊「キジムナー」が棲む樹とも言われ、日光を好みます。

ガジュマル

  • ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。

    ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

    また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。

    地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

    その太い幹と、まるく厚みがある濃い緑色をしている葉は、生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。

    鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

 

パキラ

パキラはアオイ科の常緑性の樹木で、観葉植物の一種です。比較的乾燥に強く丈夫で害虫もつきにくいため、とても人気があります。  ハイドロカルチャーや水耕栽培でも育てる事が出来るため観葉植物の入門用としておすすめです。

パキラはアオイ科の常緑性の樹木で、観葉植物の一種です。比較的乾燥に強く丈夫で害虫もつきにくいため、とても人気があります。

ハイドロカルチャーや水耕栽培でも育てる事が出来るため観葉植物の入門用としておすすめです。

パキラ

  • 手を広げたような5枚の葉が特徴的なパキラは、比較的乾燥に強く、丈夫で害虫もつきにくいため、初心者におすすめの観葉植物です。

    インテリアとの相性も抜群で、樹形の大きさをコントロールしやすく、根もあまり張らないため、大きくさせずに長い期間に渡って育てていくことができます。

    ハイドロカルチャーを使って、ミニサイズで育てることもできます。小さいものから大きいものまで、様々な鑑賞の需要に応えてくれる観葉植物です。

 

ポトス

ポトスは観葉植物の中でも特に人気が高く、知っている方も多いのではないでしょうか。  水挿しで簡単に増やすことができ、そのまま水耕栽培できるので育てるのが非常に楽しい観葉植物です。

ポトスは観葉植物の中でも特に人気が高く、知っている方も多いのではないでしょうか。水挿しで簡単に増やすことができ、そのまま水耕栽培できるので育てるのが非常に楽しい観葉植物です。

ポトス

  • ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。

    仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。

    もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

    日本で販売されているポトスのほとんどは幼株で、葉が小さいですが、自生地などに生えている本来のポトスは葉の大きさが1m近くになる大型の観葉植物です。

    また、大きくなった葉はモンステラの様に縁から切れ込みが入ります。斑がマーブル模様に入った大きな葉に切れ込みが入っている姿は非常に美しく、今まで持っていたポトスのイメージを覆すものだと思います。

    一般家庭でそこまで大きくするのは至難の業ですが、温暖な環境下でへゴ支柱や庭木に這わせるようにすれば大きくなることがあるそうです。

     

 

アイビー

アイビー(ヘデラ)はウコギ科の多年草です。黄緑色のかわいい葉が人気です。水に挿しておくと、環境に合えば発根します。  アイビーは様々な葉模様があるのが特徴なので、ぜひ自分が一番好きなアイビーを見つけてみてください。

アイビー(ヘデラ)はウコギ科の多年草です。黄緑色のかわいい葉が人気です。水に挿しておくと、環境に合えば発根します。

アイビーは様々な葉模様があるのが特徴なので、ぜひ自分が一番好きなアイビーを見つけてみてください。

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビーが家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

金のなる木(カネノナルキ)

金のなる木(カネノナルキ)はベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物。南アフリカが原産で、低い木のように育ちます。五円玉を茎に通して成長させて、お金がなったような姿が流行したことも。強健で育てやすい品種で、白い花を咲かせます。

金のなる木(カネノナルキ)はベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物。南アフリカが原産で、低い木のように育ちます。五円玉を茎に通して成長させて、お金がなったような姿が流行したことも。強健で育てやすい品種で、白い花を咲かせます。

金のなる木(カネノナルキ)

  • 金のなる木(カネノナルキ)はベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物。南アフリカが原産で、低い木のように育ちます。五円玉を茎に通し成長させて、お金がなったような姿が流行したことも。強健で育てやすく簡単に増やすことも可能です。大株になると花を咲かせることができます。お花は星形の細かい白い花。

 

紫陽花(アジサイ)

ユキノシタ科の多年草で、花期は5月~7月です。梅雨といえば、この花。春先になると、枯れたように見える枝の先から芽が出てきます。  紫陽花はとても綺麗な園芸品種が作られており、母の日の贈り物としても人気が高い花です。

ユキノシタ科の多年草で、花期は5月~7月です。梅雨といえば、この花。春先になると、枯れたように見える枝の先から芽が出てきます。

紫陽花はとても綺麗な園芸品種が作られており、母の日の贈り物としても人気が高い花です。

アジサイ(あじさい・紫陽花)

  • あじさいは、もともとはガクあじさいが日本原産の植物でしたが、西洋にわたり、西洋あじさいとして人気が出て、日本に逆輸入されてきました。最近は、西洋あじさい、ガクあじさいともに、品種、形、色の種類も豊富にあり、次々に新品種がつくりだされています。鉢花、切り花、ドライフラワーとしても人気が高いです。

 

ハイビスカス

世界の熱帯~亜熱帯地方で栽培されています。南国のイメージ感がたっぷりの花は、各地でアクセサリーなど様々なモチーフに使用されてます。  暖かい地域では、庭木としても利用されてます。花の開花期間も長く、赤・ピンク・黄色・白などカラーバリエーションも豊富で、花の大きさも小さいものから大きいものまであり、その品種数は数えきれないほどです。

世界の熱帯~亜熱帯地方で栽培されています。南国のイメージ感がたっぷりの花は、各地でアクセサリーなど様々なモチーフに使用されてます。

暖かい地域では、庭木としても利用されてます。花の開花期間も長く、赤・ピンク・黄色・白などカラーバリエーションも豊富で、花の大きさも小さいものから大きいものまであり、その品種数は数えきれないほどです。

ハイビスカス

  • 「ハイビスカス」は、世界の熱帯~亜熱帯地方で栽培されています。南国のイメージ感がたっぷりの花は、各地でアクセサリーなど様々なモチーフに使用されてます。暖かい地域では、庭木としても利用されてます。花の開花期間も長く、赤・ピンク・黄色・白などカラーバリエーションも豊富で、花の大きさも小さいものから大きいものまであり、その品種数は数えきれないほどです。

    ハイビスカスは、在来系、大輪系、コーラル系の3つの系統に分けることができます。

    ・在来系の花は、中大輪で花付きがとてもよいです。葉は大輪系より小さく、縁にギザギザしています。耐暑性は比較的強く挿し木で増やすことが可能です。

    ・大輪系は、花は大輪ですが、花数は少なめ、葉は大きくて丸いものが多いです。耐暑性は弱く、挿し木で増やすことは難しいです。

    ・コーラル系は、小輪が垂れ下がって咲き、花付きがとてもよいです。葉は小さくて縁にギザギザがあります。耐暑性は強く挿し木で増やすことが可能です。

 

アロマティカス

葉は表面を細く柔らかい毛がみっしり覆っており、ぽってりとした多肉質です。園芸店によっては、多肉植物のコーナーで売られていることからも分かるように、水をやり過ぎずに育てるのが育て方のコツとなります。乾燥にも比較的強く、病気や害虫に強い植物で気にすることも少ないので人気が出てきています。丸いぽってりとした葉が風水に良く、お部屋に置くといいともいわれ人気があるようです。

葉は表面を細く柔らかい毛がみっしり覆っており、ぽってりとした多肉質です。園芸店によっては、多肉植物のコーナーで売られていることからも分かるように、水をやり過ぎずに育てるのが育て方のコツとなります。乾燥にも比較的強く、病気や害虫に強い植物で気にすることも少ないので人気が出てきています。丸いぽってりとした葉が風水に良く、お部屋に置くといいともいわれ人気があるようです。

アロマティカス

  • アロマと名前に入っているだけあって、とても香りの良い植物です。少し手に触れただけでも香りがつきます。ハーブティーや料理に大活躍します。葉は表面を細く柔らかい毛がびっしり覆っており、ぽってりとした多肉質になっています。多肉植物のコーナーで売られていることもあり、ほかの多肉植物と同様に水を控えめにして育てる必要があります。比較的乾燥には強く、病気や害虫も付きにくい植物です。そのため、育てやすい植物として、また見た目が可愛らしく香りも良いことから人気が出ています。

 

ローズマリー

ローズマリーは地中海沿岸が原産のハーブです。香りがよく成長もはやいローズマリーですが、挿し木で簡単に増やすことが出来るんです。

ローズマリーは地中海沿岸が原産のハーブです。香りがよく成長もはやいローズマリーですが、挿し木で簡単に増やすことが出来るんです。

ローズマリー

  • 「ローズマリー」は、地中海沿岸地方が原産のハーブです。清々しい香りが特徴で、乾燥させてお茶や料理などに使われています。抗酸化作用もあり「若返りのハーブ」とも呼ばれます。花色や形は種類によって異なりますが、小さな花が連なり咲きます。

 

フィカス・ベンジャミン・バロック

フィカス・ベンジャミン・バロックとはフィカス・ベンジャミンの園芸品種です。クワ科フィカス属に分類される東南アジア原産の植物になります。  葉が下向きにクルンと丸まった少し変わった姿をしていますが、フィカス・ベンジャミンと同じで挿し木で増やすことが出来ます。

フィカス・ベンジャミン・バロックとはフィカス・ベンジャミンの園芸品種です。クワ科フィカス属に分類される東南アジア原産の植物になります。

葉が下向きにクルンと丸まった少し変わった姿をしていますが、フィカス・ベンジャミンと同じで挿し木で増やすことが出来ます。

フィカス・ベンジャミン・バロック

  • フィカス・ベンジャミンは、「ベンジャミン」「ベンジャミンゴムの木」などとも呼ばれる、定番の観葉植物です。

    その新しい品種「バロック」が、最近おしゃれなインテリアグリーンとして、ひそかに人気を集め始めています。

    その特長は、なんといっても葉がすべてくるくるカールしている、ユニークでキュートな姿にあります。葉色は濃い緑ですが、新芽はライトグリーンなので、色の濃淡が部屋をおしゃれに演出してくれます。

    環境の急変などで葉を落とすこともありますが、決して管理のむずかしい植物ではありません。

 

ウツボカズラ

ウツボカズラ(ネペンテス)は、代表的なつる性の食虫植物です。  特徴的なツボ型の部分は捕虫器といい、葉が変形したものです。  葉の先端がつるの先の膨らみとなります。中に入っている液体のほとんどは水分ですが、消化液が含まれているため、中に落ちた虫等は徐々に消化されます。水苔に巻いて挿し木で増やせますよ。

ウツボカズラ(ネペンテス)は、代表的なつる性の食虫植物です。

特徴的なツボ型の部分は捕虫器といい、葉が変形したものです。

葉の先端がつるの先の膨らみとなります。中に入っている液体のほとんどは水分ですが、消化液が含まれているため、中に落ちた虫等は徐々に消化されます。水苔に巻いて挿し木で増やせますよ。

ウツボカズラ

  • ウツボカズラは代表的な食虫植物で、現在約90種類が確認されています。つぼ型の部分は捕虫器といって、葉が変化したものです。なかの液体のほとんどは水ですが消化液が含まれているため、虫などを消化することができます。根が貧弱で寒さにも弱いため、栽培の難易度が比較的高い植物です。

目次に戻る≫

挿し木Q and A

挿し木の時期はいつが良いの?

植物の成長期がベスト。挿し木は植物が最も元気な時期である成長期に行った方が根が出やすくなります。

春の気温が安定した4月中旬~10月くらいまでがベストの植物が多いです。梅雨時期、真夏の高温時は避けたほうがよいでしょう。寒い冬は休眠したり生長が鈍くなる植物が多いので、発根しにくい時期です。

土は何を使えばが良いの?

植物の種類に合わせて用土を選びましょう。市販の挿し木用の土もありますので、それを使ってもよいでしょう。赤玉土は挿し木をするときにベースの土となることが多いので、常備していてもいいと思います。

植物の種類に合わせて用土を選びましょう。市販の挿し木用の土もありますので、それを使ってもよいでしょう。赤玉土は挿し木をするときにベースの土となることが多いので、常備していてもいいと思います。

挿したけど、発根しているの?

挿してしばらく経つと気になるのは発根。本当に根っこがでるの?と確認してみたくなると思いますが、そこは我慢!発根前に抜いてしまうと、発根しなかったり、腐ることもあります。発根するまでは抜かないように気を付けましょう。

▼関連記事

「挿し木(挿し芽)とは?挿し木で増やす方法と発根させるポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

オススメ特集