3月4月に咲く春の花38選!

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

3月から4月に咲く草花

1.菜の花

3月4月に咲く春の花 菜の花

花の時期 3月~4月

3月~4月に黄色い花を咲かせる菜の花。空き地などでも育つほど丈夫な草花で、日本各地のいたるところにある一面の菜の花畑は春の訪れを感じさせてくれます。

 

2.ムラサキハナナ

3月4月に咲く春の花 ムラサキハナナ

花の時期 4月~5月

ムラサキハナナはアブラナ科オオアラセイトウ属の4月~5月に咲く一年草です。ナノハナと同じく、空き地などでも育つほど丈夫な草花です。別名ハナダイコン。

 

3.ポピー、カリフォルニアポピー

3月4月に咲く春の花 ポピー

 

3月4月に咲く春の花 カリフォルニアポピー

花の時期 3月~6月

ポピーには様々な品種がありますが3月~4月に咲く品種をご紹介します。ひとつはアイスランドポピー。切り花でも出回っている一年草のポピーです。もうひとつはカリフォルニアポピー。ケシ科ですが属はハナビシソウ属の草花の一年草です。

 

4.ネモフィラ

3月4月に咲く春の花 ネモフィラ

花の時期 3月~5月

ネモフィラは春にかわいい小さな青い花をブルーのカーペットのように咲かせる一年草です。一番有名なのが「インシグニスブルー」というブルーの品種です。4月~5月の花の最盛期は地面一面が水色になり、最近は日本各地でネモフィラの花畑ができて観光スポットとなっています。

 

5.忘れな草

3月4月に咲く春の花  忘れな草

花の時期 3月~5月

忘れな草はムラサキ科の一年草、こぼれ種でどんどん増える強い植物です。原産地では多年草として分類されますが、暑さと過湿を嫌うので夏越しできないことから日本では一年草として分類されています。

 

6.スミレ、パンジー、ビオラ

ビオラ  3月4月に咲く春の花

ビオラ

花の時期 10月~5月

園芸種のパンジー、ビオラは年々出回りの開始時期が早まっているので半年以上開花する草花として扱われていますが、実際の花の開花時期は3月~5月の草花です。一方、スミレは日本に自生し万葉の時代から親しまれている草花で、パンジー、ビオラ同様とても品種が豊富な花です。

 

スミレ  3月4月に咲く春の花

スミレ

花の時期 3月~4月

 

7.ツルニチニチソウ

3月4月に咲く春の花  ツルニチニチソウ

花の時期 3月~5月

ツルニチニチソウは常緑半低木の植物で株元から多数の茎をのばしてツル状になり3月~5月頃に淡い紫色の花が開花します。庭園の傾斜地や半日陰地、常緑樹の足元などグラウンドカバーに使われることが多く性質は非常に強健です。

ツルニチニチソウ

  • ツルニチニチソウは株元から多数の茎をのばしてツル状に生長する多年草です。3月~5月頃に淡い紫色の花が開花します。ツルニチニチソウの他に一回り葉が小さめなヒメツルニチニチソウもあります。

    花は一斉に咲くわけではなく、長い期間次から次へと開花します。傾斜地や半日陰地、常緑樹の足元などグラウンドカバーに使われることが多く、性質は非常に強健です。ツルニチニチソウは、寒さや乾燥にも耐え、半日陰でも良く育ち繁殖も株分けで容易にできます。耐寒性にやや劣りますが美しいクリーム色の斑が入る品種が多く栽培されています。

    寒冷地では葉が一回り小さいヒメツルニチニチソウの方が若干耐寒性に優れるためよく用いられます。

 

8.クリスマスローズ

3月4月に咲く春の花 クリスマスローズ

花の時期 1月~4月

クリスマスローズはキンポウゲ科の常緑多年草で、日本では他のヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、欧米ではヘレボルスが一般的な名前として使われており、クリスマスの頃に開花するニゲルのみがクリスマスローズと呼ばれます。品種によって差がありますが1月~4月が花の時期です。

クリスマスローズ

  • クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。クリスマスローズは、冬の花が少ない時期に花を咲かせる常緑の植物です。

    日本ではヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボルス・ニゲル」を指す名前です。

    他には咲き方や色が豊富な「ヘレボルス・オリエンタリス」や、グリーンの特徴的な花の形状が面白い「ヘレボルス・フェチダス」等、たくさんの種類があります。

    クリスマスローズにはグリーンの葉を低く繁らせた中から茎を長く伸ばす有茎種と、茎の低い無茎種があります。

    クリスマスローズ・ニゲル

    クリスマスローズ・ニゲル

 

9.芝桜(シバザクラ)

3月4月に咲く春の花  芝桜

花の時期 4月~5月

芝桜は春に地面一面に芝のように広がりたくさんの花を咲かせるハナシノブ科フロックス属の常緑の多年草です。匍匐性の性質で這うように生長し、4月の花の時期はカーペットのようになります。日本各地で芝桜は植栽され、花の時期は観光スポットとなっています。

芝桜(シバザクラ)

  • 芝桜は、初夏になると地面を覆うこともあるほどの生命力が記憶に鮮明です。その力強さと、うすピンク色やうすむらさきのパステルカラーをした花とのギャップも魅力的です。また、卒業式や入学式のとき、通路を飾るために使われるおめでたい花でもあります。シバザクラは日光が大好きで、面倒な管理もなく初心者向けの花です。なんとなく庭にスペースが空いている、プランターで華やかな植物を育ててみたい、という方には最適ですよ。シバザクラは「匍匐」といって根を伸ばしながら成長していきます。春らしいパステルカラーをおうちに導入したい、という方にもおすすめです。

目次に戻る≫

10.クレマチス・アーマンディー系

3月、4月に咲くクレマチス・アーマンディー系

アーマンディー系のクレマチスは、3月ごろから開花する生育旺盛で株が大きく茂るクレマチスです。ツルが伸びるので、アーチやフェンスに誘因すると数年でとても見事な空間になります。香りがあるのも魅力のひとつ。

 

3月から4月に咲く野草

1.ナガミヒナゲシ

3月4月に咲く春の花 ナガミハナゲシ

花の時期 4月~5月

1961年に世田谷区で初めて確認された帰化植物です。とてもかわいい色と花姿で今や春の植物として認識されていますが、在来の植物の生態系に大きな影響を与える植物なので増やしすぎないことが大切です。

今のところ特定外来生物には指定されていませんが、1株でたくさんの花をつけ、一輪の花の中に種が1000~2000のタネがつくそうなので、爆発的に増える可能性を秘めています。そうならないためには、花が終わったらすぐに刈り取ることが肝心です。少し意識して在来種とうまく共存したいものです。

 

2.オオイヌノフグリ

3月4月に咲く春の花オオイヌノフグリ

花の時期 2月~5月

オオイヌノフグリは早春から春にかけて地面に小さな青い花を咲かせます。ひとつひとつの花はとても小さくかわいらしく、地面一面に青い花が広がる様子はとても美しい光景です。かわいらしい花とは裏腹にとても丈夫で繁殖力の強い植物です。

オオイヌノフグリ

  • オオイヌノフグリは早春から春にかけて地面に小さな青い花を咲かせます。ひとつひとつの花はとても小さくかわいらしい花ですが、地面一面に青い花が広がる様子はとても美しい光景です。かわいらしい花とは裏腹に、とても丈夫で繁殖力の強い植物です。そのまま雪が降ろうが霜が降りようが、ものともせずに春を待ち、ほかの植物が動き出す前の、2月頃から咲き始め、5月頃まで次々と花を咲かせます。

    花は一日花で、翌日にはしぼんでしまいますが、その後実ができて、熟すとはじけて種が飛び、勝手に広がっていきます

 

3.ホトケノザ

3月4月に咲く春の花 ホトケノザ

花の時期 3~5月

ホトケノザは日本に自生する多年草です。葉の形状が仏様が座る蓮華座のように見えるところから「仏の座」と呼ばれるようになりました。春の七草のひとつ「ホトケノザ」は別種の草花です。写真のホトケノザは食用にはなりません。

ホトケノザ

  • ホトケノザは日本に自生する在来種の多年草です。一般には野草として扱われています。その葉の形状が、仏様が座る蓮座のように見えるところから「仏の座」と呼ばれるようになりました。他にも葉が段状につくことから「サンガイクサ(三階草)」という別名も持ちます。非常に強健で痩せ地でも育ちますが、肥沃な土壌のほうが花付きも良くなります。

    春の七草の「ホトケノザ」と混同する人がいますが、こちらは全くの別種です。春の七草のホトケノザは「コオニタビラコ」というキク科の植物です。シソ科のホトケノザは、食べても毒ではありませんが、食用にはされていません。

     

 

4.カラスノエンドウ

3月4月に咲く春の花カラスノエンドウ

花の時期 3月~5月

マメ科ソラマメ属の越年草、カラスノエンドウ。つる性でまきひげで何かに絡みついて生長していきます。とてもかわいらしい姿ですが性質は強健で、つる性なので自分で立ち上がることはできませんが、絡みつくものがあれば人の身長くらいまで伸びる野草です。

 

5.タンポポ

3月4月に咲く春の花タンポポ

花の時期 3月~5月

道端や木の足元など、いたるところで咲くタンポポ。春に咲くかわいい野草のひとつです。

タンポポには大きく分けて在来種と外来種があり、最近見かけるタンポポはほとんどが外来種のタンポポです。在来種(日本に元々あった種)の花の時期は3月~5月ですが、外来種のタンポポは春以外にも開花します。

 

6.ナズナ

3月4月に咲く春の花ナズナ

花の時期 3月~6月

別名、ぺんぺん草のナズナ。子供のころナズナの花の後の種ができた状態の茎を摘んで「ぺんぺん太鼓」の遊びをしたことがある方も多いのではないでしょうか。種のハートの形もかわいい野草です。日本全国あちこちで見かける春に咲く野草のひとつです。

目次に戻る≫

百花繚乱の3月~4月はお花見にもガーデニングにも絶好の季節です。少し時間をとって3月の花、4月の花にふれてみませんか。

 

 

▼3月~4月の花 関連記事

 

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「3月4月に咲く春の花38選!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【再入荷】ジョーロ 1.5L VOIRY

販売価格:1,980円(税込)

フレッシュフィール レタス

販売価格:880円(税込)

【送料無料】ルーツポーチお試しセット ブラウン 21×21cm 8L 6~7号鉢サイズ

販売価格:2,585円(税込)

SPECIAL

おすすめ