新生活グリーン特集

3月、4月に咲く春の花36選!

金子三保子

金子三保子

公開日 :

3月、4月に咲く春の花36選!

春はお花見やガーデニングなど、花を見たり触れたりする機会が多い季節です。今回は3月、4月に咲く花木、3月、4月に花が見頃になる草花、その他、ひっそりと道端に咲く野草まで、3月、4月の花をご紹介します。時間をとってお花見やガーデニングで植物に触れてみませんか?

*開花の時期は、東京での開花を目安としています。

目次

3月から4月に咲く花木

3月から4月に咲く球根の花

3月から4月に咲く草花

3月から4月に咲く野草

3月から4月に咲く花木

1.桜

花の時期 2月~4月  3月、4月の花は?と聞かれて桜をあげる方が一番多いのでは。桜の開花というニュースで使われる桜の品種はソメイヨシノ。昭和の頃はソメイヨシノと言えば、入学式の頃に満開になる桜でしたが、年々、花の開花が早まり、今では3月に咲き始めから満開になる年もあります。このソメイヨシノは若木でも花を咲かせる特徴があり、戦後日本中に植えられ、今では桜の代名詞のようになっています。冬の間は枯れ木のような状態だった枝から淡いピンクの花が枝一面に美しく咲き誇る姿は、人を惹きつける魔法のような光景です。  桜は種類が多く、早咲き種は2月くらいから、それに続くように3月から4月に咲く多くの種類が次々と咲き続けます。ソメイヨシノは花が先に咲き、花の後に葉が出てくる性質ですが、桜は品種によっては葉も一緒に出てくる桜もあります。

花の時期 2月~4月

3月、4月の花は?と聞かれて桜をあげる方が一番多いのでは。桜の開花というニュースで使われる桜の品種はソメイヨシノ。昭和の頃はソメイヨシノと言えば、入学式の頃に満開になる桜でしたが、年々、花の開花が早まり、今では3月に咲き始めから満開になる年もあります。このソメイヨシノは若木でも花を咲かせる特徴があり、戦後日本中に植えられ、今では桜の代名詞のようになっています。冬の間は枯れ木のような状態だった枝から淡いピンクの花が枝一面に美しく咲き誇る姿は、人を惹きつける魔法のような光景です。

桜は種類が多く、早咲き種は2月くらいから、それに続くように3月から4月に咲く多くの種類が次々と咲き続けます。ソメイヨシノは花が先に咲き、花の後に葉が出てくる性質ですが、桜は品種によっては葉も一緒に出てくる桜もあります。

 

枝垂桜

枝垂桜

2.ミモザ

花の時期 3月  「ミモザ」とはアカシア属のなかでも、黄色の房状の花をつける種類の俗称です。特にギンヨウアカシアは「ミモザ」として、庭木として、切り花としてとても人気のある植物で、花の開花は3月です。花もかわいいミモザですが、シルバーグリーンの葉も美しく、3月の花の時期以外の葉だけの季節も美しい庭木です。常緑高木なので地植えにすると、最終的にはとても大きくなります。ミモザはたくさんの種類があり、開花の時期が春以外のものもあります。

花の時期 3月

ミモザ」とはアカシア属のなかでも、黄色の房状の花をつける種類の俗称です。特にギンヨウアカシアは「ミモザ」として、庭木として、切り花としてとても人気のある植物で、花の開花は3月です。花もかわいいミモザですが、シルバーグリーンの葉も美しく、3月の花の時期以外の葉だけの季節も美しい庭木です。常緑高木なので地植えにすると、最終的にはとても大きくなります。ミモザはたくさんの種類があり、開花の時期が春以外のものもあります。

ミモザ(ギンヨウアカシア)

  • 「ミモザ」とはアカシア属のなかでも、黄色の房状の花を咲かせる種類の俗称です。

    中でもギンヨウアカシアはミモザとして、人気の庭木です。常緑高木で、名前の通りの銀葉が一年中楽しめます。鳥の羽のように軽やかで銀色がかったグリーンの葉と、春先に咲く明るい黄色の花のコントラストが美しい樹木です。

    3/8は国際女性デーといって、女性の政治的自由と平等を訴える日として国連が制定しています。この日はイタリアでは「女性の日」とされ、女性への日頃の感謝を込めて、男性から女性へミモザ(ギンヨウアカシア)の花を贈る習慣があります。

3.花桃(ハナモモ)

花の時期 3月~4月  ひな祭りの節句のころになると、花屋さんには桃の枝ものが出回りますが、本来の桃の開花時期はソメイヨシノとさほど変わらない3月後半~4月ごろに咲く花です。

花の時期 3月~4月

ひな祭りの節句のころになると、花屋さんには桃の枝ものが出回りますが、本来の桃の開花時期はソメイヨシノとさほど変わらない3月後半~4月ごろに咲く花です。

4.モクレン、ハクモクレン、こぶし

モクレン

モクレン

 

ハクモクレン

ハクモクレン

 

コブシ  花の時期 3~4月  学名だと「マグノリア」のモクレン、ハクモクレン、コブシ。植物的には仲間ですが、見た目や開花時期などが若干変わります。近年では八重咲きなど、次々と新種のマグノリアが作られて、日本だけでなく欧米でもガーデニングで人気の庭木です。  一般的にモクレンというと、紫色の紫木蓮。紫木蓮の花丈は5m前後ですが、ハクモクレンは分類的には高木で、数十メートルサイズになる木です。見た目が似ているハクモクレンとコブシの見分けで一番簡単な方法は、花びらの枚数。コブシは6枚であるのに対して、ハクモクレンは9枚です。  それぞれの開花時期は、モクレンとハクモクレンだと、ハクモクレンの方が若干開花が早く3月上旬から中旬、コブシはソメイヨシノと同じくらいの3月下旬から4月にかけてが花の季節です。  マグノリアの仲間は、とてもよい香りがする種が多いですが、一般的に「マグノリア」という名前で香水などの成分として使われるマグノリアは、同じ仲間でも初夏に咲く「タイサンボク」です。

コブシ

花の時期 3~4月

学名だと「マグノリア」のモクレン、ハクモクレン、コブシ。植物的には仲間ですが、見た目や開花時期などが若干変わります。近年では八重咲きなど、次々と新種のマグノリアが作られて、日本だけでなく欧米でもガーデニングで人気の庭木です。

一般的にモクレンというと、紫色の紫木蓮。紫木蓮の花丈は5m前後ですが、ハクモクレンは分類的には高木で、数十メートルサイズになる木です。見た目が似ているハクモクレンとコブシの見分けで一番簡単な方法は、花びらの枚数。コブシは6枚であるのに対して、ハクモクレンは9枚です。

それぞれの開花時期は、モクレンとハクモクレンだと、ハクモクレンの方が若干開花が早く3月上旬から中旬、コブシはソメイヨシノと同じくらいの3月下旬から4月にかけてが花の季節です。

マグノリアの仲間は、とてもよい香りがする種が多いですが、一般的に「マグノリア」という名前で香水などの成分として使われるマグノリアは、同じ仲間でも初夏に咲く「タイサンボク」です。

5.雪柳

花の時期 3月~4月

花の時期 3月~4月

3月から4月に白い小さな花が枝にびっしりと咲く雪柳。まるでシャワーのように枝垂れるようにして咲く春に咲く落葉低木です。性質がとても強く管理も楽なので、公共空間にも多く植栽されています。以前は、雪柳の色は白のみでしたが、最近はピンクの新種も出てきました。雪花は切り花としても豊富に流通しています。

雪柳(ユキヤナギ)

  • 雪柳は、春になると垂れた長い枝に白やピンクの小さな花を沢山つけることが特徴です。葉は小さくて細かく垂れた枝に付いているので、枝ぶりの姿は柳に似ています。一昔前までは、雪柳の花の色は白だけでしたが、近年はピンク系の新しい品種も増えてきました。花が満開になっていると、雪が積もったような感じに見えます。 また、雪柳は生育が良い植物なので、公園の花壇などに植えられています。開花後に株元まで切り戻しても新しい枝が伸びて、翌年には綺麗な花が咲きます。「雪柳」と呼ばれているので、花の開花時期が雪の降る冬の季節に思われがちですが、桜と同じように早春ごろから咲き始める植物です。

6.ハナカイドウ

花の時期 4月~5月  ハナカイドウはカイドウとも呼ばれる、バラ科リンゴ属の落葉低木です。低木と言っても5mくらいにはなります。色は白からピンク系濃淡まで品種も豊富の庭木です。4月から5月にかわいい花を咲かせるハナカイドウ。

花の時期 4月~5月

ハナカイドウはカイドウとも呼ばれる、バラ科リンゴ属の落葉低木です。低木と言っても5mくらいにはなります。4月から5月にかわいい花を咲かせるハナカイドウの色は白からピンク系濃淡まで品種も豊富の庭木です。

 

花がとてもかわいらしい花木ですが、写真のようにつぼみの姿もかわいらしい姿をしています。色にもよりますが、つぼみの色と開花した時の色の変化もまた美しいのです。

ハナカイドウは花がとてもかわいらしい花木ですが、写真のようにつぼみの姿もかわいらしい姿をしています。色にもよりますが、つぼみの色と開花した時の色の変化もまた美しいのです。

7.椿(ツバキ)

花の時期 11月~4月  ツバキは日本を代表する花木で、海外でも近年非常に人気の高い常緑高木です。ツバキはたくさんの種類があり、寒椿(カンツバキ)と呼ばれる種の開花時期は11月~2月ですが、3月~4月に咲くツバキもたくさんあります。一重から八重咲き、色も豊富にあり、たくさんの品種があります。  ツバキと姿がよく似た山茶花(サザンカ)の見分け方はいくつかありますが、3月~4月の桜の咲くころに咲いていれば、まずツバキと思ってもよいでしょう(サザンカの開花時期は晩秋~2月ごろ)。もうひとつ、ツバキの花の終わりは花ごとぼたっと落ちるのに対して、サザンカは花びらが散るように落ちるので、木の下に落ちている花で見分ける方法もあります。

花の時期 11月~4月

ツバキは日本を代表する花木で、海外でも近年非常に人気の高い常緑高木です。ツバキはたくさんの種類があり、寒椿(カンツバキ)と呼ばれる種の開花時期は11月~2月ですが、3月~4月に咲くツバキもたくさんあります。一重から八重咲き、色も豊富にあり、たくさんの品種があります。

ツバキと姿がよく似た山茶花(サザンカ)の見分け方はいくつかありますが、3月~4月の桜の咲くころに咲いていれば、まずツバキと思ってもよいでしょう(サザンカの開花時期は晩秋~2月ごろ)。もうひとつ、ツバキの花の終わりは花ごとぼたっと落ちるのに対して、サザンカは花びらが散るように落ちるので、木の下に落ちている花で見分ける方法もあります。

8.沈丁花

花の時期  3月  沈丁花は香り高い花を咲かせる春の代表的な樹木で、春の沈丁花、夏の梔子、そして秋の金木犀を合わせて三大香木と称されます。ジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に小さな花が塊になって枝先に咲きます。  3月になると花より香りで近くに咲いているなと気付くくらいよい香りの沈丁花。最近は写真のような葉が斑入りのものなど、新品種も出てきました。

花の時期  3月

沈丁花は香り高い花を咲かせる春の代表的な樹木で、春の沈丁花、夏の梔子、そして秋の金木犀を合わせて三大香木と称されます。ジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に小さな花が塊になって枝先に咲きます。

3月になると花より香りで近くに咲いているなと気付くくらいよい香りの沈丁花。最近は写真のような葉が斑入りのものなど、新品種も出てきました。

沈丁花(ジンチョウゲ)

  • 沈丁花(ジンチョウゲ)は香り高い花を咲かせる春の代表的な樹木で、春の沈丁花(ジンチョウゲ)、夏の梔子、そして秋の金木犀を合わせて三大香木と称されます。沈丁花(ジンチョウゲ)はジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に小さな花が毬のような塊になって枝先に咲きます。

    花が白い品種を「シロバナジンチョウゲ」、花の外側が淡紅色になっているものを「ウスイロジンチョウゲ」と言います。ちなみに、葉の外側に斑が入っているものを「フクリンジンチョウゲ」と呼びます。

    沈丁花(ジンチョウゲ)の樹高は1m~1.5mほどで、枝が良く分岐するので特に剪定をしなくても丸くこんもりとした樹形を保ちます。

    沈丁花(ジンチョウゲ)の特徴はやはり香り高い花。「沈丁花」という名前は、花の香りが沈香(ちんこう)に似ていることと、十字型の花が丁子(クローブ)に似ていることに由来しています。

    沈丁花(ジンチョウゲ)の原産は中国と言われており、室町時代にはすでに栽培されていたという記述があります。

    沈丁花(ジンチョウゲ)は雌雄異株で、雄株と雌株があります。日本で流通しているものの多くは雄株ですので実を見る機会はめったにありませんが、赤い可愛らしい実を付けます。ただし、実は猛毒ですので口に入れないように注意しましょう。

9.ボケ

花の時期 12~5月  ボケは早春から春にかけて梅のような花を咲かせる落葉低木で、盆栽として大変人気の高い植物です。また、花の美しさから庭木としても人気があります。一般に早春から咲き始めるものが多いですが、1月頃から咲き始める寒木瓜や四季咲きの品種もあり、四季を通じて楽しむこともできます。品種が豊富なボケ、色も単色のものもありますが、1本の木から違った色あいの花が咲く品種もあります。

花の時期 12~5月

ボケは早春から春にかけて梅のような花を咲かせる落葉低木で、盆栽として大変人気の高い植物です。また、花の美しさから庭木としても人気があります。一般に早春から咲き始めるものが多いですが、1月頃から咲き始める寒木瓜や四季咲きの品種もあり、四季を通じて楽しむこともできます。品種が豊富なボケ、色も単色のものもありますが、1本の木から違った色あいの花が咲く品種もあります。

ボケ(木瓜)

  • ボケ(木瓜)は早春から春にかけて梅のような花を咲かせる落葉低木で、盆栽として大変人気の高い植物です。また、花の美しさから庭木としても人気があります。しかしボケ(木瓜)の血筋は少々複雑で、日本に古くからあるクサボケや中国のカラボケ、チョウセンボケ、マボケなどを利用し江戸時代に品種改良が盛んにおこなわれた結果、現在の「ボケ」と呼ばれている植物ができあがりました。最近では日本ブームでヨーロッパでも盛んに品種改良が進んでおり、今までなかったような大輪の派手なボケ(木瓜)も生まれており、日本に逆輸入されています。一般に早春から咲き始めるものが多いですが、1月頃から咲き始める寒木瓜や四季咲きの品種もあり、四季を通じて楽しむこともできます。

10.山吹

花の時期 4~5月  山吹は4月から5月に美しい山吹色の花を咲かせる落葉低木です。日本原産の木なので、日本全国で見ることができます。山吹色の花を木一面に咲かせる姿はとても美しい光景です。花は一重の他、八重もあります。

花の時期 4~5月

山吹は4月から5月に美しい山吹色の花を咲かせる落葉低木です。日本原産の木なので、日本全国で見ることができます。山吹色の花を木一面に咲かせる姿はとても美しい光景です。花は一重の他、八重もあります。

 

花の時期 4~5月  山吹は4月から5月に美しい山吹色の花を咲かせる落葉低木です。日本原産の木なので、日本全国で見ることができます。山吹色の花を木一面に咲かせる姿はとても美しい光景です。花は一重の他、八重もあります。

山吹(ヤマブキ)

  • 山吹(ヤマブキ)は春に美しいオレンジ色に近い黄色の花を咲かせる落葉低木です。日本の山野に自生しているような樹木で、北海道から本州で見ることが出来ます。山吹色という色の名前はこの山吹(ヤマブキ)の花の色が由来です。春に山吹色の花を木一面に咲かせる姿はとても美しく見事です。山吹(ヤマブキ)の花は一重の他、八重もあります。

    同じ季節に咲く落葉低木に「シロヤマブキ」という花木がありますが、これはシロヤマブキ属なので山吹(ヤマブキ)とは別種になります。山吹(ヤマブキ)にも白い花を咲かせるシロハナヤマブキという品種があります。見分け方は、山吹(ヤマブキ)は花びらが5枚ですがシロヤマブキは花びらは4枚です。さらにシロヤマブキは秋に黒い種子を実らせます。

11.ヒュウガミズキ

花の時期 3月~4月  ヒュウガミズキはマンサク科トサミズキ科の落葉低木です。川沿いなど、公共空間の植栽にもよく使われています。3月~4月にかけて淡い黄色の花がうつむいたような姿で開花します。派手さはありませんが、楚々としてかわいらしい花です。ヒュウガミズキは花の開花後、葉っぱが出てくる性質です。葉っぱは明るい緑色、線が入ったようなおもしろい見た目をしています。初夏の緑も美しいですが、秋の葉も美しく紅葉します。ヒュウガミズキは切り花としても、芽吹き枝として流通しています。芽吹き枝で購入して生けていると、花が咲くこともあるので、機会があったらお試しください。

花の時期 3月~4月

ヒュウガミズキはマンサク科トサミズキ科の落葉低木です。川沿いなど、公共空間の植栽にもよく使われています。3月~4月にかけて淡い黄色の花がうつむいたような姿で開花します。派手さはありませんが、楚々としてかわいらしい花です。ヒュウガミズキは花の開花後、葉っぱが出てくる性質です。葉っぱは明るい緑色、線が入ったようなおもしろい見た目をしています。初夏の緑も美しいですが、秋の葉も美しく紅葉します。ヒュウガミズキは切り花としても、芽吹き枝として流通しています。芽吹き枝で購入して生けていると、花が咲くこともあるので、機会があったらお試しください。

12.ドウダンツツジ

花の時期 4月~5月  ドウダンツツジは、4月~5月にすずらんに似た白いつぼ型の小さな花を咲かせる落葉低木です。新緑も美しいドウダンツツジですが、圧巻なのは紅葉です。オレンジ色から徐々に真っ赤に色づいて、最後は燃えるような赤に染まる姿はとても美しい庭木です。  刈り込みに堪えるので生垣などにもよく利用されています。洋風にも和風にも合うので、利用範囲が広い植物です。ドウダンツツジは切り花の枝ものとしても流通しています。

花の時期 4月~5月

ドウダンツツジは、4月~5月にすずらんに似た白いつぼ型の小さな花を咲かせる落葉低木です。新緑も美しいドウダンツツジですが、圧巻なのは紅葉です。オレンジ色から徐々に真っ赤に色づいて、最後は燃えるような赤に染まる姿はとても美しい庭木です。

刈り込みに堪えるので生垣などにもよく利用されています。洋風にも和風にも合うので、利用範囲が広い植物です。ドウダンツツジは切り花の枝ものとしても流通しています。

ドウダンツツジ(灯台躑躅)

  • ドウダンツツジは、春にすずらんに似た白いつぼ型の小さな花を咲かせる落葉低木です。新緑も美しいドウダンツツジですが、圧巻なのは紅葉です。オレンジ色から徐々に真っ赤に色づいて、最後は燃えるような赤に染まる姿はとても美しいです。

    使い方としては、刈り込みに堪えるので生垣などにもよく利用されています。洋風にも和風にも合うので、利用範囲が広い植物です。ドウダンツツジは切り花の枝ものとしても流通しています。

13.コデマリ

花の時期 4月~5月  コデマリはバラ科の落葉低木で株元から多くの枝を出し、高さ2mほどの株立ちになります。1cmに満たない白い小花が20以上も集まって3cmほどの小さな手まりのような丸い花姿になり別名テマリバナといいます。長く伸びた枝が新葉が展開した短い枝先についた花の重みで枝垂れて弓なりに花が浮かび上がるように咲くので一層引き立って見えます。コデマリは切り花としての流通も豊富です。

花の時期 4月~5月

コデマリはバラ科の落葉低木で株元から多くの枝を出し、高さ2mほどの株立ちになります。1cmに満たない白い小花が20以上も集まって3cmほどの小さな手まりのような丸い花姿になり別名テマリバナといいます。長く伸びた枝が新葉が展開した短い枝先についた花の重みで枝垂れて弓なりに花が浮かび上がるように咲くので一層引き立って見えます。コデマリは切り花としての流通も豊富です。

コデマリ(小手毬)

  • コデマリ(小手毬)はバラ科の落葉低木で株元から多くの枝を出し、主幹のない高さ2mほどの株立ちになります。1cmに満たない白い小花が20以上も集まって3cmほどの小さな手毬(てまり)のような丸い花序を形成します。別名をテマリバナともいいます。長く弓なりに伸びた枝に、白く毬のような花をたわわに咲かせます。まるで花の重みで枝がたわんでいるいるようで、ため息の出る美しさです。

    ヒコバエという細かい枝を株元から次々と出して、株全体が大きくなります。庭木の根締めや公園の境栽などに広く用いられます。また、コデマリ(小手毬)は秋の紅葉も美しい植物です。移植や栽培が容易なので、観賞用として古くから栽培されています。切花としても人気の植物です。

14.モッコウバラ

花の時期 4月~5月  モッコウバラは中国原産の薔薇の原種のひとつですが、ほとんどがトゲのない品種なので扱いやすく人気があります。強健で日本のような高温多湿の環境でも病気の心配が少なく、育てやすい花木です。バラの中ではいち早く4月上旬ごろから咲き始める一季咲きです。

花の時期 4月~5月

モッコウバラは中国原産の薔薇の原種のひとつですが、ほとんどがトゲのない品種なので扱いやすく人気があります。強健で日本のような高温多湿の環境でも病気の心配が少なく、育てやすい花木です。バラの中ではいち早く4月上旬ごろから咲き始める一季咲きです。

モッコウバラ

  • モッコウバラは中国原産の常緑低木、一季咲きのつるバラです。非常に強健で、病害虫の被害に遭いにくい育てやすい品種です。枝にはバラ特有のトゲもなく、庭木として安心して育てることが出来ます。

    モッコウバラの開花期は4~5月です。花色は白かカスタードクリームのような淡い黄色で、咲き方には一重と八重咲きがあります。直径2~3cm程度の小ぶりな花を、枝の先に5~10輪くらい房のようにたわわに咲かせます。春に枝先が花の重みで弓なりにたわんでいる姿は美しく、道行く人の目を捉えます。花には芳香がありますが、微香なので近づかないと確認出来ないくらいです。

    モッコウバラは強健であると同時に生育も旺盛で、5mくらいにまで生長します。花が終わったら早めに剪定を行い樹形を整えることと、適宜誘引を行い、枝が暴れないように管理する必要があります。

目次に戻る≫

3月から4月に咲く球根の花

1.チューリップ

花の時期 3月~5月  秋植え球根の中で、おそらく一番品種が豊富なのがチューリップではないでしょうか。国際的に登録されている品種数は、数千品種に及び、毎年新しい品種が増えています。花びらの色は皆さんも良くご存知の様に赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、複色などさまざま。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなどいろいろな咲き方があります。  同じチューリップでも、大きく分けると、早生、中生、晩生の3つに開花時期が分類されます。早生種は3月下旬~4月中旬、中生種は4月中旬~4月下旬、晩生種は4月下旬~5月上旬に開花します。

花の時期 3月~5月

秋植え球根の中で、おそらく一番品種が豊富なのがチューリップではないでしょうか。国際的に登録されている品種数は、数千品種に及び、毎年新しい品種が増えています。花びらの色は皆さんも良くご存知の様に赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、複色などさまざま。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなどいろいろな咲き方があります。

同じチューリップでも、大きく分けると、早生、中生、晩生の3つに開花時期が分類されます。早生種は3月下旬~4月中旬、中生種は4月中旬~4月下旬、晩生種は4月下旬~5月上旬に開花します。

2.アネモネ

花の時期 2月~5月  アネモネは分枝性の塊茎をもち、草丈25~40cmになるキンポウゲ科の球根の花で、直立して直径10cm前後の花を咲かせます。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。まだ花の少ない2月下旬ごろから5月頃までと花の咲く期間が長く、赤、白、ピンク、紫や青など豊富な花色や一重だけでなく半八重や八重など花形の異なる多くの品種があり切り花や花壇で広く栽培されています。  球根のアネモネが最も流通が多いアネモネですが、宿根草の種もあり開花時期の違うアネモネもあります。

花の時期 2月~5月

アネモネは分枝性の塊茎をもち、草丈25~40cmになるキンポウゲ科の球根の花で、直立して直径10cm前後の花を咲かせます。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。まだ花の少ない2月下旬ごろから5月頃までと花の咲く期間が長く、赤、白、ピンク、紫や青など豊富な花色や一重だけでなく半八重や八重など花形の異なる多くの品種があり切り花や花壇で広く栽培されています。

球根のアネモネが最も流通が多いアネモネですが、宿根草の種もあり開花時期の違うアネモネもあります。

アネモネ

  • アネモネは分枝性の塊茎をもち、草丈25~40cmになるキンポウゲ科の多年草で、直立して直径10cm前後の花を咲かせます。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。まだ花の少ない2月下旬ごろから5月頃までと開花期が長く、赤、白、ピンク、紫や青など豊富な花色や一重だけでなく半八重や八重など花形の異なる多くの品種があり切り花や花壇で広く栽培されています。アネモネは花びらに見える部分はがく片です。性質は日当たりを好み、寒さに当てないとつぼみが出来ない性質があるのでの冬も屋外で育てましょう。

    アネモネの品種は、100品種以上あり、毎年のように新しい品種ができています。以前は、発色のよい色が中心でしたが、最近はパステル系の複色系の品種もあり、花のサイズも大輪のものから小輪のものまで豊富に揃います。園芸用以外に、切り花としても春を代表する球根花です。

3.ラナンキュラス

花の時期 2月~5月  ラナンキュラスは、春の花の中でも最近とりわけ人気で、苗ものとしても切り花としてもたくさんの品種が流通しています。球根の花の中では、開花期間が長いのも魅力のひとつです。特に3月~4月は美しく咲く時期です。

花の時期 2月~5月

ラナンキュラスは、春の花の中でも最近とりわけ人気で、苗ものとしても切り花としてもたくさんの品種が流通しています。球根の花の中では、開花期間が長いのも魅力のひとつです。特に3月~4月は美しく咲く時期です。

4.ムスカリ

花の時期 3月~5月  ムスカリは草丈15cmくらいで葡萄のような花を咲かせます。とても耐寒性の強い花で、こぼれ種や自然分球で増え、毎年自然に花が咲きます。 小さな花ながら、花壇に群生させたムスカリが一斉に咲きそろった光景は見事です。チューリップなどの同じ時期に咲く球根花との色のコントラストも美しく、チューリップの脇役として使われます。一度植えると、数年は植えっぱなしでも大丈夫なので、管理が楽な球根花です。

花の時期 3月~5月

ムスカリは草丈15cmくらいで葡萄のような花を咲かせます。とても耐寒性の強い花で、こぼれ種や自然分球で増え、毎年自然に花が咲きます。 小さな花ながら、花壇に群生させたムスカリが一斉に咲きそろった光景は見事です。チューリップなどの同じ時期に咲く球根花との色のコントラストも美しく、チューリップの脇役として使われます。一度植えると、数年は植えっぱなしでも大丈夫なので、管理が楽な球根花です。

ムスカリ

  • ムスカリは草丈15cmくらいで葡萄のような花を咲かせる、春の球根植物です。ムスカリはとても耐寒性の強い花で、こぼれ種や自然分球で増え、毎年花が咲きます。 ムスカリは小さな花ながら、花壇に群生させて一斉に咲きそろった光景は見事です。

    ムスカリはチューリップなどの同じ時期に咲く球根花との色のコントラストも美しく、チューリップの脇役として使われます。ムスカリは一度植えると、数年は植えっぱなしでも大丈夫なので、管理が楽な球根花です。

5.スイセン

花の時期 1~4月  スイセンは草丈は20cm~40cmで白と黄色以外にピンクや緑、オレンジ、など色とりどりの品種がある春の球根の花です。最近は、八重咲種など、咲き方にも色々な特徴のある品種がでてきました。数年間は植えっぱなしで管理できて、環境が合えば球根がどんどん増え、年々花が見事になるので、群生すると見事です。

花の時期 1~4月

スイセンは草丈は20cm~40cmで白と黄色以外にピンクや緑、オレンジ、など色とりどりの品種がある春の球根の花です。最近は、八重咲種など、咲き方にも色々な特徴のある品種がでてきました。数年間は植えっぱなしで管理できて、環境が合えば球根がどんどん増え、年々花が見事になるので、群生すると見事です。

水仙(スイセン)

  • 水仙(スイセン)は、香りの良い花を初春に咲かせる球根植物です。草丈は20cm~40cmで白と黄色以外にピンクや緑、オレンジなど、色とりどりの花が咲きます。最近は、八重咲種など、咲き方にも色々な特徴のある品種が出てきました。

    水仙(スイセン)は数年間は植えっぱなしで管理出来て、環境が合えば球根がどんどん増えます。年々増えて行くので、群生した景色は見事です。

6.ハナニラ

花の時期 3~4月  ハナニラは3月、4月の桜の花が咲くころに、無数の星型の花が開花します。「ハナニラ」という名前の通り、葉っぱと球根をこするとニラの香りがしますが、葉をちぎったり、カットしたりしない限りは匂わないので、特に気になりません。ハナニラは秋植え球根で、9月~10月に植えて翌春から開花します。球根は植えっぱなしで大丈夫なので、庭や花壇などの地植えにした場合は、球根を植え付ければ、その後の管理は不要と言ってもよいくらいです。

花の時期 3~4月

ハナニラは3月、4月の桜の花が咲くころに、無数の星型の花が開花します。「ハナニラ」という名前の通り、葉っぱと球根をこするとニラの香りがしますが、葉をちぎったり、カットしたりしない限りは匂わないので、特に気になりません。ハナニラは秋植え球根で、9月~10月に植えて翌春から開花します。球根は植えっぱなしで大丈夫なので、庭や花壇などの地植えにした場合は、球根を植え付ければ、その後の管理は不要と言ってもよいくらいです。

ハナニラ

  • 桜の咲くころに、無数の星型の花が開花します。「ハナニラ」という名前の通り、葉っぱと球根をこするとニラの香りがしますが、葉をちぎったり、カットしたりしない限りは匂わないので、特に気になりません。ハナニラは秋植え球根で、9月~10月に植えて翌春から開花します。球根は植えっぱなしで大丈夫なので、庭や花壇などの地植えにした場合は、球根を植え付ければ、その後の管理は不要と言ってもよいくらいです。

    ハナニラは光に反応する性質なので、夜や曇り、雨の日は花を閉じます。太陽に向かって花を咲かせるので、朝は東を向いて、午後は真上、夜は西を向きます。動きのある花です。

7.スノーフレーク

花の時期 3月~5月  スノーフレークは1.5cm程度の白いスズランのような釣鐘型の花を咲かせます。花びらの先は6枚に分かれ、緑の斑点が入ります。草丈は30~40cmと背が高めです。  似た見た目のスノードロップとの違いは、開花時期と花丈で見分けるのが簡単な見分け方です。桜の咲くころの3月~4月に咲くのはスノーフレークです。

花の時期 3月~5月

スノーフレークは1.5cm程度の白いスズランのような釣鐘型の花を咲かせます。花びらの先は6枚に分かれ、緑の斑点が入ります。草丈は30~40cmと背が高めです。

似た見た目のスノードロップとの違いは、開花時期と花丈で見分けるのが簡単な見分け方です。桜の咲くころの3月~4月に咲くのはスノーフレークです。

目次に戻る≫

3月から4月に咲く草花

1.菜の花

花の時期 3月~4月  3月~4月に黄色い花を咲かせる菜の花。空き地などでも育つほど丈夫な草花で、日本各地のいたるところにある一面の菜の花畑は、春の訪れを感じさせてくれます。

花の時期 3月~4月

3月~4月に黄色い花を咲かせる菜の花。空き地などでも育つほど丈夫な草花で、日本各地のいたるところにある一面の菜の花畑は、春の訪れを感じさせてくれます。

2.ムラサキハナナ

花の時期 4月~5月  ムラサキハナナは、アブラナ科オオアラセイトウ属の4月~5月に咲く一年草です。ナノハナと同じく、空き地などでも育つほど丈夫な草花です。別名、ハナダイコン。

花の時期 4月~5月

ムラサキハナナは、アブラナ科オオアラセイトウ属の4月~5月に咲く一年草です。ナノハナと同じく、空き地などでも育つほど丈夫な草花です。別名、ハナダイコン。

3.ポピー、カリフォルニアポピー

ポピー

 

花の時期 3月~6月  ポピーには様々な品種がありますが、3月~4月に咲く品種をご紹介します。ひとつはアイスランドポピー。切り花でも出回っている一年草のポピーです。もうひとつはカリフォルニアポピー。ケシ科ですが、属はハナビシソウ属の草花の一年草です。

花の時期 3月~6月

ポピーには様々な品種がありますが、3月~4月に咲く品種をご紹介します。ひとつはアイスランドポピー。切り花でも出回っている一年草のポピーです。もうひとつはカリフォルニアポピー。ケシ科ですが、属はハナビシソウ属の草花の一年草です。

4.ネモフィラ

花の時期 3月~5月  ネモフィラは、春にかわいい小さな青い花をブルーのカーペットのように咲かせる一年草です。一番有名なのが「インシグニスブルー」というブルーの品種です。4月~5月の花の最盛期は、地面一面が水色になり、最近は日本各地でネモフィラの花畑ができて観光スポットとなっています。

花の時期 3月~5月

ネモフィラは、春にかわいい小さな青い花をブルーのカーペットのように咲かせる一年草です。一番有名なのが「インシグニスブルー」というブルーの品種です。4月~5月の花の最盛期は、地面一面が水色になり、最近は日本各地でネモフィラの花畑ができて観光スポットとなっています。

5.忘れな草

花の時期 3月~5月  忘れな草はムラサキ科の一年草、こぼれ種でどんどん増える強い植物です。原産地では、多年草として分類されますが、暑さと過湿を嫌うので夏越しできないことから、日本では一年草として分類されています。

花の時期 3月~5月

忘れな草はムラサキ科の一年草、こぼれ種でどんどん増える強い植物です。原産地では、多年草として分類されますが、暑さと過湿を嫌うので夏越しできないことから、日本では一年草として分類されています。

6.スミレ、パンジー、ビオラ

ビオラ  花の時期 10月~5月  園芸種のパンジー、ビオラは年々出回りの開始時期が早まっているので半年以上開花する草花として扱われていますが、実際の花の開花時期は3月~5月の草花です。一方、スミレは日本に自生し、万葉の時代から親しまれている草花で、パンジー、ビオラ同様、とても品種が豊富な花です。

ビオラ

花の時期 10月~5月

園芸種のパンジー、ビオラは年々出回りの開始時期が早まっているので半年以上開花する草花として扱われていますが、実際の花の開花時期は3月~5月の草花です。一方、スミレは日本に自生し、万葉の時代から親しまれている草花で、パンジー、ビオラ同様、とても品種が豊富な花です。

 

スミレ  花の時期 3月~4月

スミレ

花の時期 3月~4月

7.ツルニチニチソウ

花の時期 3月~5月  ツルニチニチソウは、常緑半低木の植物で株元から多数の茎をのばしてツル状になり、3月~5月頃に淡い紫色の花が開花します。庭園の傾斜地や半日陰地、常緑樹の足元などグラウンドカバーに使われることが多く性質は非常に強健です。

花の時期 3月~5月

ツルニチニチソウは、常緑半低木の植物で株元から多数の茎をのばしてツル状になり、3月~5月頃に淡い紫色の花が開花します。庭園の傾斜地や半日陰地、常緑樹の足元などグラウンドカバーに使われることが多く性質は非常に強健です。

ツルニチニチソウ

  • ツルニチニチソウは、常緑半低木の植物で株元から多数の茎をのばしてツル状になり、葉は5センチ~8センチほどで光沢があります。3月~5月頃に咲く淡い紫色の花は筒状で花弁が五つに分かれています。一斉に咲くわけではあなく、長い期間次から次へと花が咲きます。庭園の傾斜地や半日陰地、常緑樹の足元などグラウンドカバーに使われることが多く性質は非常に強健です。寒さや乾燥にも耐え、半日陰でも良く育ち、繁殖も株分けで容易にできます。耐寒性にやや劣りますが美しいクリーム色の斑が入る品種が多く栽培されます。寒冷地ではヒメツルニチニチソウの方が若干耐寒性に優れるためよく用いられます。

8.クリスマスローズ

花の時期 1月~4月  クリスマスローズはキンポウゲ科の常緑多年草で、日本では他のヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、欧米ではヘレボルスが一般的な名前として使われており、クリスマスの頃に開花するニゲルのみがクリスマスローズと呼ばれます。品種によって差がありますが、1月~4月が花の時期です。

花の時期 1月~4月

クリスマスローズはキンポウゲ科の常緑多年草で、日本では他のヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、欧米ではヘレボルスが一般的な名前として使われており、クリスマスの頃に開花するニゲルのみがクリスマスローズと呼ばれます。品種によって差がありますが、1月~4月が花の時期です。

クリスマスローズ

  • クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。冬の花が少ない時期に花を咲かせる、常緑の植物です。

    日本ではヘレボラス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボラス・ニゲル」を指す名前です。

    他には、咲き方や色が豊富な「ヘレボラス・オリエンタリス」や、グリーンの特徴的な花の形状が面白い「ヘレボラス・フェチダス」等、たくさんの種類があります。

    クリスマスローズにはグリーンの葉を低く繁らせた中から茎を長く伸ばす有茎種と、茎の低い無茎種があります。

9.芝桜

花の時期 4月~5月  芝桜は、春に地面一面に芝のように広がり、たくさんの花を咲かせるハナシノブ科フロックス属の常緑の多年草です。匍匐性の性質で、這うように生長し、4月の花の時期はカーペットのようになります。日本各地でシバザクラは植栽され、花の時期は観光スポットとなっています。

花の時期 4月~5月

芝桜は、春に地面一面に芝のように広がり、たくさんの花を咲かせるハナシノブ科フロックス属の常緑の多年草です。匍匐性の性質で、這うように生長し、4月の花の時期はカーペットのようになります。日本各地でシバザクラは植栽され、花の時期は観光スポットとなっています。

芝桜(シバザクラ)

  • 芝桜は、初夏になると地面を覆うこともあるほどの生命力が記憶に鮮明です。その力強さと、うすピンク色やうすむらさきのパステルカラーをした花とのギャップも魅力的です。また、卒業式や入学式のとき、通路を飾るために使われるおめでたい花でもあります。シバザクラは日光が大好きで、面倒な管理もなく初心者向けの花です。なんとなく庭にスペースが空いている、プランターで華やかな植物を育ててみたい、という方には最適ですよ。シバザクラは「匍匐」といって根を伸ばしながら成長していきます。春らしいパステルカラーをおうちに導入したい、という方にもおすすめです。

目次に戻る≫

3月から4月に咲く野草

1.ナガミヒナゲシ

花の時期 4月~5月  1961年に世田谷区で初めて確認された帰化植物です。とてもかわいい色と花姿で、今や春の植物として認識されていますが、在来の植物の生態系に大きな影響を与える植物なので増やしすぎないことが大切です。  今のところ、特定外来生物には指定されていませんが、1株でたくさんの花をつけ、一輪の花の中に種が1000~2000のタネがつくそうなので、爆発的に増える可能性を秘めています。そうならないためには、花が終わったら、すぐに刈り取ることが肝心です。少し意識して、在来種とうまく共存したいものです。

花の時期 4月~5月

1961年に世田谷区で初めて確認された帰化植物です。とてもかわいい色と花姿で、今や春の植物として認識されていますが、在来の植物の生態系に大きな影響を与える植物なので増やしすぎないことが大切です。

今のところ、特定外来生物には指定されていませんが、1株でたくさんの花をつけ、一輪の花の中に種が1000~2000のタネがつくそうなので、爆発的に増える可能性を秘めています。そうならないためには、花が終わったら、すぐに刈り取ることが肝心です。少し意識して、在来種とうまく共存したいものです。

2.オオイヌフグリ

花の時期 2月~5月  オオイヌノフグリは早春から春にかけて地面に小さな青い花を咲かせます。ひとつひとつの花はとても小さくかわいらしく、地面一面に青い花が広がる様子はとても美しい光景です。かわいらしい花とは裏腹に、とても丈夫で繁殖力の強い植物です。

花の時期 2月~5月

オオイヌノフグリは早春から春にかけて地面に小さな青い花を咲かせます。ひとつひとつの花はとても小さくかわいらしく、地面一面に青い花が広がる様子はとても美しい光景です。かわいらしい花とは裏腹に、とても丈夫で繁殖力の強い植物です。

オオイヌノフグリ

  • オオイヌノフグリは早春から春にかけて地面に小さな青い花を咲かせます。ひとつひとつの花はとても小さくかわいらしい花ですが、地面一面に青い花が広がる様子はとても美しい光景です。かわいらしい花とは裏腹に、とても丈夫で繁殖力の強い植物です。そのまま雪が降ろうが霜が降りようが、ものともせずに春を待ち、ほかの植物が動き出す前の、2月頃から咲き始め、5月頃まで次々と花を咲かせます。

    花は一日花で、翌日にはしぼんでしまいますが、その後実ができて、熟すとはじけて種が飛び、勝手に広がっていきます

3.ホトケノザ

花の時期 3~5月  ホトケノザは日本に自生する多年草です。葉の形状が、仏様が座る蓮華座のように見えるところから「仏の座」と呼ばれるようになりました。春の七草のひとつ「ホトケノザ」は、別種の草花です。写真のホトケノザは食用にはなりません。

花の時期 3~5月

ホトケノザは日本に自生する多年草です。葉の形状が、仏様が座る蓮華座のように見えるところから「仏の座」と呼ばれるようになりました。春の七草のひとつ「ホトケノザ」は、別種の草花です。写真のホトケノザは食用にはなりません。

ホトケノザ

  • ホトケノザは日本に自生する在来種の多年草です。一般には野草として扱われています。その葉の形状が、仏様が座る蓮座のように見えるところから「仏の座」と呼ばれるようになりました。他にも葉が段状につくことから「サンガイクサ(三階草)」という別名も持ちます。非常に強健で痩せ地でも育ちますが、肥沃な土壌のほうが花付きも良くなります。

    春の七草の「ホトケノザ」と混同する人がいますが、こちらは全くの別種です。春の七草のホトケノザは「コオニタビラコ」というキク科の植物です。シソ科のホトケノザは、食べても毒ではありませんが、食用にはされていません。

     

4.カラスノエンドウ

花の時期 3月~5月  マメ科ソラマメ属の越年草、カラスノエンドウ。つる性でまきひげで何かに絡みついて生長していきます。とてもかわいらしい姿ですが、性質は強健で、つる性なので自分で立ち上がることはできませんが、絡みつくものがあれば、人の身長くらいまで伸びる野草です。

花の時期 3月~5月

マメ科ソラマメ属の越年草、カラスノエンドウ。つる性でまきひげで何かに絡みついて生長していきます。とてもかわいらしい姿ですが、性質は強健で、つる性なので自分で立ち上がることはできませんが、絡みつくものがあれば、人の身長くらいまで伸びる野草です。

5.タンポポ

花の時期 3月~5月  道端や木の足元など、いたるところで咲くタンポポ。春に咲くかわいい野草のひとつです。  タンポポには大きく分けて在来種と外来種があり、最近見かけるタンポポは、ほとんどが外来種のタンポポです。在来種(日本に元々あった種)の花の時期は3月~5月ですが、外来種のタンポポは春以外にも開花します。

花の時期 3月~5月

道端や木の足元など、いたるところで咲くタンポポ。春に咲くかわいい野草のひとつです。

タンポポには大きく分けて在来種と外来種があり、最近見かけるタンポポは、ほとんどが外来種のタンポポです。在来種(日本に元々あった種)の花の時期は3月~5月ですが、外来種のタンポポは春以外にも開花します。

6.ナズナ

花の時期 3月~6月  別名、ぺんぺん草のナズナ。子供のころ、ナズナの花の後の種ができた状態の茎を摘んで「ぺんぺん太鼓」の遊びをしたことがある方も多いのではないでしょうか。種のハートの形もかわいい野草です。日本全国、あちこちで見かける春に咲く野草のひとつです。

花の時期 3月~6月

別名、ぺんぺん草のナズナ。子供のころ、ナズナの花の後の種ができた状態の茎を摘んで「ぺんぺん太鼓」の遊びをしたことがある方も多いのではないでしょうか。種のハートの形もかわいい野草です。日本全国、あちこちで見かける春に咲く野草のひとつです。

目次に戻る≫

百花繚乱の3月~4月は、お花見にもガーデニングにも絶好の季節です。少し時間をとって、3月の花、4月の花にふれてみませんか。

 

▼3月~4月の花 関連記事 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「3月、4月に咲く春の花36選!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

デイリーアクセスランキング

おすすめ