夏の花特集!6月、7月、8月に咲く夏の花31選

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

夏(6月、7月、8月)に咲く草花17選

ひまわり

夏の花の代表と言えば、ひまわり。元気で明るい雰囲気の夏の一年草です。もともとは背丈の高い草花でしたが、最近は矮性種や分枝性がある性質など色々と種類が豊富になってきました。花の色も黄色をはじめ、写真のように黄色でもちょっとシックな雰囲気のあるもの、レッド系、ブラウン系など、深みのある大人っぽい雰囲気のひまわりもあります。夏の強い日差しの中で咲く花だけに、ひまわりは青空が似合う花ですね。

開花時期 7月~9月

夏の花の代表と言えばひまわり。元気で明るい雰囲気の夏の一年草です。もともとは背丈の高い草花でしたが、最近は矮性種や分枝性がある性質など色々と種類が豊富になってきました。花の色も黄色をはじめ、写真のように黄色でもちょっとシックな雰囲気のあるもの、レッド系、ブラウン系など、深みのある大人っぽい雰囲気のひまわりもあります。夏の強い日差しの中で咲く花だけに、ひまわりは青空が似合う花です。

ヒマワリ(向日葵)

  • 北アメリカ原産の一年草ですくっと立ちあがった茎から太陽のような大輪の花をつけます。草丈の高いものばかりをイメージしがちですが、品種改良によって草丈10センチほどのプランター向きのものや八重咲き品種などもあり、バラエティに富んでいます。

    いわゆる花びらの部分はその1枚1枚が独立した花(舌状花)でおしべはありません。また黒っぽい中心部分もひとつひとつが花(筒状花トウジョウカ)で、こちらはおしべとめしべの両方を持つため、タネが出来ます。学名のヘリアンサスは「太陽の花」という意味で、漢字で書くと「向日葵」となります。

 

花菖蒲(ハナショウブ)

アヤメ、ハナショウブ、カキツバタと見た目が似た花がありますが、5月のゴールデンウィークの頃に咲くのはアヤメ、その後カキツバタ、ハナショウブの花の見ごろは、もう少し遅い6月です。その他の見分け方は、まず生息地。陸地に生えているものはアヤメ、水辺や湿地に生えているものはカキツバタかハナショウブです。次に花弁のつけ根を見ます。花びらの弁元に網目状の模様があるのはアヤメ、つけ根が白色のものはカキツバタ、黄色ならハナショウブ、という風に見分けましょう。

ハナショウブ

開花時期 6月

アヤメ、ハナショウブ、カキツバタと見た目が似た花がありますが、5月のゴールデンウィークの頃に咲くのはアヤメ、その後カキツバタ、ハナショウブの花の見ごろは、もう少し遅い6月です。その他の見分け方は、まず生息地。陸地に生えているものはアヤメ、水辺や湿地に生えているものはカキツバタかハナショウブです。次に花弁のつけ根を見ます。花びらの弁元に網目状の模様があるのはアヤメ、つけ根が白色のものはカキツバタ、黄色ならハナショウブ、という風に見分けましょう。

花菖蒲(ハナショウブ)

  • 花菖蒲(ハナショウブ)は江戸時代を中心に品種改良が進んだ古典園芸植物です。現在は5000種類以上の品種があります。

    5月頃から新芽を出して50㎝~1m程に丈を伸ばし花を咲かせます。色は白、青、紫、斑入り、黄色などがあります。

    花の形は3枚の花びらを開かせる三英咲きと6枚の花びらを開かせる六英咲きと八重咲があります。葉は細くくっきりとした脈が隆起しています。

    品種の育成地によって大きく分けると江戸系、伊勢系、肥後系、長井古種の4タイプにこれらの交配種もあり、さらに種間交配によって育成された黄花品種や、アメリカなど海外で育成された品種もあります。

 

トケイソウ

中南米原産のトケイソウは、花の形がユニークなことで知られ、世界中で観賞用として広く栽培されているツル性の多年草です。

開花時期 6月~10月

中南米原産のトケイソウは花の形がユニークなことで知られ、世界中で観賞用として広く栽培されているツル性の多年草です。

トケイソウ(時計草)

  • 亜熱帯を中心に分布される、ツル性多年草です。トケイソウという和名の由来は、大きな3つの雄しべが時計の針に見えることからきています。非常にユニークな形の花で、その品種は500種以上と言われています。さらに掛け合わせた園芸品種もあるので、とてもたくさんの品種があるということになります。

    南米原産の植物ですが、日本でも暖地では露地で越冬します。挿し木が容易な植物であり、長く伸びたツルが地面に下垂し、そのまま根付くということも多々あります。

    南国の果物で有名なパッションフルーツ(Passiflora edulis)もこのトケイソウの仲間のひとつです。

 

ホリホック(タチアオイ)

梅雨入りの頃に穂状の花の一番下が咲き始めるタチアオイ(ホリホック)は、品種によって多年草、二年草、一年草があります。昔からある種は生長すると2mくらいになる背丈の高い花ですが、最近は矮性種もあります。花の咲き方も一重の他、八重咲き種もあり、小さなシャクヤクのような豪華な雰囲気です。花色もブラック系やアプリコットなど、最近はとても豊富になりました。

開花時期 6月~8月

梅雨入りの頃に穂状の花の一番下が咲き始めるタチアオイ(ホリホック)は、品種によって多年草、二年草、一年草があります。昔からある種は生長すると2mくらいになる背丈の高い花ですが、最近は矮性種もあります。花の咲き方も一重の他、八重咲き種もあり、小さなシャクヤクのような豪華な雰囲気です。花色もブラック系やアプリコットなど、最近はとても豊富になりました。

タチアオイ

  • 耐寒性、耐暑性ともに優れている丈夫な1年草です。タチアオイが咲くと夏到来を感じますね。ピンク、黄色、濃い紫色などの花はハイビスカスにも似ていますが、アジア原産なのでどことなく和の雰囲気が漂います。 毎日、次々と新しい花を咲かせ、2ヵ月近く咲き続けてくれます。花穂の下から上へと順々に咲いていく、いわゆる「咲き上がる」性質を持っています。 2mを超す草丈になり、根も広く張るので、できるだけ間隔をあけて種まきするようにしましょう。地上部の枯れた冬にもたまに水やりすると、残った根やこぼれ種からまた花を咲かせてくれます。

 

ハーブ

6月から8月はハーブの花の開花時期。ハーブの花は園芸種の花より控えめな花が多いですが、素朴でかわいい花を咲かせるハーブがたくさんあります。

ラベンダー

ラベンダー

 

マートル(ギンバイカ)

マートル(ギンバイカ)

 

ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)

 ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)

 

スイレン(ハス

ハスはインド原産とされていますが、観賞用にも食用にもなるため世界中で育成されています。昔から仏教と深く結びつきのある蓮の花は、花も葉も独特なフォルムで、美しい夏の花のひとつで、日本各地にハスの鑑賞スポットがあります。ハスの花は午前中に開花し、午後には閉じる半日花なので、見に行く時は朝早く出かけることをおすすめします。

開花時期 7~8月

ハスはインド原産とされていますが、観賞用にも食用にもなるため世界中で育成されています。昔から仏教と深く結びつきのあるハスの花は、花も葉も独特なフォルムで、美しい夏の花のひとつで、日本各地にハスの鑑賞スポットがあります。ハスの花は午前中に開花し、午後には閉じる半日花なので、見に行く時は朝早く出かけることをおすすめします。

蓮(ハス)

  • 蓮(ハス)は東南アジア原産の草本性水生植物です。観賞用にも食用にもなるため世界中で育成されています。

    蓮(ハス)は早朝に開花し、昼には閉じる花が美しく、世界中で愛されている花です。特に仏教では、泥の中から出てきて美しい花を咲かせるところから汚れのない花とされています。その他の宗教でも象徴的な意味合いを持つ花として愛されています。

    蓮(ハス)の葉は円形または楕円形で薄く、長い葉柄をもち水面上1.5m以上になります。光沢は無く水を弾く特性があります。蓮(ハス)は、葉よりさらに上まで花茎を伸ばして咲きます。花色は桃色、白、黄色などがあります。チャワンバスと呼ばれる小型種は鉢栽培で親しまれています。

    蓮(ハス)の根茎は日本人にも馴染みの深い蓮根(レンコン)です。日本では蓮(ハス)の食用部分と言えば主に蓮根(レンコン)ですが、他国では葉から茎まで食用とされます。蓮(ハス)の花の雄しべを緑茶と合わせた蓮茶も有名です。

    日本で有名な蓮(ハス)の一つに大賀蓮(ハス)があります。大賀蓮(ハス)は2000年以上前に土の中に落ちた種を大賀一郎博士が発芽させたものです。2000年もの長い間発芽しなかった理由は蓮(ハス)のタネの外皮が非常に厚く、自然に発芽することがあまりないからと言われています。

目次に戻る≫

 

\まだまだ続きます!/

続きを読む

Pages: 1 2 3 4 5
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「夏の花特集!6月、7月、8月に咲く夏の花31選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ